W杯に出られない選手たち【写真:Getty Images】

写真拡大

 英メディア『スカイ・スポーツ』が、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を逃したメンバーで一つのチームをつくった。これが超豪華メンバーとなっており、注目を集めている。

 同メディアは、3-4-3のシステムでメンバーを選出。前線はレアル・マドリーのガレス・ベイル、ボルシア・ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤン、アーセナルのアレクシス・サンチェスと破壊力抜群だ。中盤はレスター・シティで岡崎慎司のチームメートであるリヤド・マフレズ、マンチェスター・ユナイテッドのヘンリク・ムヒタリアン、そしてオランダ代表からの引退を表明したアリエン・ロッベンも選ばれている。

 来月には欧州予選プレーオフなどが予定されており、さらにW杯出場を逃すメンバーが出てくるはずだが、現時点で敗退が決まっている代表だけでも超豪華チームができあがった。

 『スカイ・スポーツ』が選んだW杯出場権を逃した選手のベストイレブンは以下のとおり。

GK
ヤン・オブラク(スロベニア)

DF
アントニオ・バレンシア(エクアドル)
フィルジル・ファン・ダイク(オランダ)
ダビド・アラバ(オーストリア)

MF
アリエン・ロッベン(オランダ)
ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア)
アルトゥーロ・ビダル(チリ)
リヤド・マフレズ(アルジェリア)

FW
アレクシス・サンチェス(チリ)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)
ガレス・ベイル(ウェールズ)

text by 編集部