バルサへの加入を果たしたデンベレ photo/Getty Images

写真拡大

かつてラツィオやドルトムントで活躍した元ドイツ代表のカール・ハインツ・リードレ氏が、今夏に古巣を退団したウスマン・デンベレへの痛烈な批判を口にしている。

かねてよりスペインのバルセロナに対する憧れを公にしてきたデンベレは、“夢のチーム”からのオファーが届くやいなや無断でドルトムントのトレーニングを欠席するなど、あからさまなボイコットを敢行。最終的にクラブ側が折れる格好となり、移籍金総額190億円を超えるビッグディールが成立していた。

多くの批難を浴びることになったデンベレによる一連の行為だが、リードレ氏もその振る舞いを理解することに苦しむ人間の1人である。『Omnisport』が彼の言葉を伝えた。

「デンベレのあの行為は皆にとても大きなインパクトをもたらした。もちろん彼はバルセロナでプレイすることに傾倒していたから、我々はいつまでも彼をクラブに留めておくことが困難だと知っていたがね。でもデンベレの選んだ退団の方法はまったく気に入らないよ。あのやり方はまるでジョークだ。クラブに圧力をかけたんだよ。そのような振る舞いを見せる人間はすぐにでもクラブから追い出す必要がある」

さらにレジェンドは移籍の噂が絶えなかったピエール・オバメヤンについて「彼の去就に関して真相を知るものは誰もいない。きっとオバメヤンは永久にドルトムントでプレイし続けることになると思うよ」とコメント。加入後わずか1年でクラブを去ったデンベレとは対照的に、ガボン代表のエースには“永遠の関係”を期待している様子だ。