スタメン出場の久保建英。大柄な相手にも動じずに華麗なテクニックを披露。(C) Getty Images

写真拡大

[U-17W杯]日本 1-2 フランス/10月11日/インド・グワハティ

 U-17ワールドカップの日本対フランスは10月11日、インドのグワハティで行なわれ、日本は1-2で敗れた。

 日本は主将のボランチ・福岡慎平がベンチスタート。立ち上がり、日本はフランスの縦に鋭い攻撃に背後を突かれ、自陣に押し込まれる。FWグイリーの個人技に翻弄されるシーンも目立った。

 そして、ようやくフランスの攻撃にも慣れ、日本がボールを保持し始めた13分、日本はカウンターで裏のスペースを突かれると、走り込んだグイリーに押し込まれ、先制点を許してしまう。フランスが1-0とリードする。

 日本はその後、危ないシーンを作られながらもGK谷晃生の好セーブなどでなんとか凌いでいく。ボランチの平川怜が長短のパスを織り交ぜ、テンポの良いパスワークで日本がボールを支配するが、フランスもゴール前が堅く、なかなか決定機は訪れない。

 前半は1-0でフランスがリードして終了した。

 後半、日本は馬場晴也に代えて鈴木冬一を投入してスタート。後半も日本が立ち上がりからボールを保持する展開となっているが、フランスの堅守を崩すことができない。

 60分過ぎには、久保建英が単独でドリブル突破を図るが、ペナルティエリアの手前で潰されてしまう。日本は69分に、初戦ハットトリックの中村敬斗に代えてFW山田寛人を投入する。

 71分、日本はフランスのアグリとグイリーのコンビネーションに翻弄されると、最後はグイリーにこの日2点目のゴールを許してしまう。フランスの2点リードとなる。

 しかし73分、日本はすぐさま反撃。交代出場の山田がペナルティエリア内で粘ると、こぼれ球を拾った宮代大聖が倒され、PKを獲得。これを宮代自ら落ち着いて沈め、日本が1点差に詰め寄る。

 終盤、疲れが見え始め動きの落ちたフランスに対し、日本は攻撃の手を強める。しかし、要所でのパス精度が低く、球際での勝負でも劣勢に立たされ、アタッキングサードを打開することができない。

 すると84分、日本はカウンターからジュベルに抜け出され、決定的なシュートを放たれるが、ここはGK谷がビッグセーブでゴールを死守した。

 さらに88分にもカウンターで背後を突かれた日本。またも決定的なシュートを撃ち込まれるが、ここもMF喜田陽が身体を張った守りでゴールを許さない。

 結局、日本は1点ビハインドを追い付けず1-2でタイムアップ。惜しくもフランスに敗れた。

 日本はグループステージ1勝1敗に。14日の第3戦では、ニューカレドニアと対戦する。

【PHOTO】来季のJリーグ内定プレーヤー〜高校・ユース編〜