メッシがこぼした「奇跡の出場」の秘訣とは

写真拡大

『Daily Mail』は11日、「アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ワールドカップ出場決定について話した」と報じた。

最終節を前にしてプレーオフにも出場できない6位に転落していたアルゼンチン。

しかし最終節でエクアドルを相手に3-1で勝利を収め、一気に3位まで浮上することに成功し、大逆転で本大会出場を決めた。

その3得点は全てエースであるリオネル・メッシが決めたもの。批判の中で結果を残した彼は、試合後以下のように話したという。

リオネル・メッシ

「いつも、ここに来てプレーすることに恐れを抱いていた。幸運にも、我々は反応出来たし、試合をいい形でマネージメントできた。

我々は落ち着いていたよ。ゴールを決めた。それが最も重要な事だ。神に感謝したいよ。目標を達成できたことに。

ワールドカップに行けなかったらクレイジーなことになっていただろう。このチームは、突破に値する。

この3試合で多くの批判があった。そして、今日はとても重要な日だった。特に、長くこのチームにいた者にとっては。

我々はメディアや人々から離れていた。それが、チームを団結させたと思う。もし手を取り合って進めることができれば、物事はより容易になる。

2回のコパ・アメリカ、そしてワールドカップで起こったこと(3度の2位)は不公平なものだ。そしてこのワールドカップに出場することに苦しんだ。

資格を手にした。準備を少しずつ始めよう。チームは変わる。別のものになり、成長していくはずだよ」