「自傷」は、とても複雑な精神状態が生む行為。なぜ自分自身を傷つけ、痛みを感じなければならないのか。正直、理解できない人が大半かもしれない。

動画メディア「Cut」は、自傷経験のある女性たちを呼び集め、そんな彼女たちのありのままの声を記録しました。

切りはじめたきっかけ

「中学の時に、鬱・不安障害と診断されたの。この世の終わりかと感じたわ」

「私の鬱には怒りがあって、他人に対して攻撃的になってしまうの。でも思い返してみると、とても罪悪感を感じて、なんで他人にこんなことしてしまったの?自分はここにいるべきではない、生きるべきではない、と思ってしまうの」

「以前、とても不健康で不安定な恋人との関係があったの。そんな中、とても切れ味のあるナイフを調理用に買って使ったんだけど、偶然腕を切っちゃって」

どういう気持ちになる?

「友達に“考えることが楽になるよ”と言われたから始めてみたんだけど、でも本当はその考えが奥に押しやられるだけなの。ただ、いつの日か10倍になって戻ってきたりするのよね」

「罪悪感を少しでもなくす時に切っちゃうんだけど、他の罪悪感が積み重なってしまうわ。例えば、他の人に傷をみられたらどうしよう、どんな風に思われるんだろうって不安が出てくるの」

今はどう?

「友達が学校のカウンセラーに相談したら?と気遣ってくれた。はじめはその人たちが大嫌いだったけど、今思うと、とても感謝しているの。私のことをすごく心配してくれて、本気で向き合ってくれたから」

「ここ最近はしようと思わなくなったわね。セラピーのおかげだと思う。そういう機会で、一気に吐き出せてとても助かったわ」

「私は、グループセラピーに通い始めたの。他の人たちも同じ気持ちであることを知れるのは、私の支えになるの」

「今は、別の習慣を身につけているわ。例えば、外へ出て散歩したり、ドライブしたり。あと大音量で音楽を聴いたりね」

「私は毎日ペンやマジックを持ち歩いているの。それで自分を切りたくなった時は、絵を描き始めることにしているわ。絵を目の前にすると、視覚的に落ち着くし、他の人も自分も傷つけないしね」

今回出ている女性たちは、「自傷」を乗り越えたり、または乗り越えようとしている人たち。周りの支えや認識があったからこそ、今の彼女たちがあるのです。もし身近にこのような人がいたら、積極的に声をかけてあげることで、サポートできるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Cut,(Youtube),(Facebook),(Twitter)