2分動画でレッスン。美しい首もと、デコルテのかなえ方

写真拡大 (全2枚)

オーバーサイズのジャケットや、襟もとにファーのついたおしゃれが目立つ今シーズン。秋冬だからといって「首もと」や「デコルテ」が隠れるわけではないので、ケアはぬかりなく行いたいもの。ボディケアも詳しく、自身も見惚れるような美肌のイケメンセラピスト・土岐 忠さんに、首やデコルテのお手入れについておうかがいしました。"顔のレフ板"と呼ばれることもある首もと・デコルテをきちんとケアすれば、イベントの多い年末も安心して迎えられそう。
Q.首もと、デコルテのケアの重要性について教えて
「サロンのお客様からの相談が多いパーツのひとつが、首もとやデコルテです」と断言する土岐さん。

「皆さんお肌のお手入れはしっかりされているので、年齢不詳の"美魔女"みたいな方も多いですよね。でも、そういう方でも首もとのシワやデコルテの痩せなどはスキンケアやメイクで隠しにくいもの。僕の印象としては30代半ばから悩み始める方が急増する気がします。そのため、悩みがで始める前に日常的にケアしたほうがいいと思います」

Q.首もと、デコルテのダメージの原因は?

「首やデコルテは、もともと肌が薄くてデリケートな部分。しかも服から露出しているので乾燥や紫外線の影響を受けやすいですよね。それから、5キロ前後と重たい頭が前に落ちていることで筋肉に負担がかかり、血行不良でくすんでいて、首が太く見えている方も多いんですよ」

と土岐さん。顔と同じくらいに保湿や紫外線ケアをする必要がありそう。また、意外な盲点として教えてくれたのが「髪の毛による刺激」。ブライダルの予定があり「髪をアップにするから、デコルテや背中もキレイにしたい」と訪れる人を見ると、ちょうど髪の先端が触れる部分にニキビや色素沈着が出ている方が多いのだとか。

「特に注意していただきたいのが、濡れて硬くなった髪先。これがお風呂上がりのまっさら肌に触れるとトラブルの原因になりやすいんです」

濡れた髪先が触れる前に保湿し、潤いのヴェールを作ったほうがよさそう。
Q.デコルテケアは20代では必要ない?
20代なら、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリ成分がさかんに作られているため、シワを気にする必要はない、と土岐さん。ではデコルテケアが必要ないのかといえば、そうではないよう。

「20代ならデコルテが痩せてしまう、削げて貧相に見えるといった悩みとは無縁のはず。けれど、保湿や角質ケアの必要性を感じていないので放ったらかしで、実はざらついた質感の方が多いんです」

30代以降のようにシワを気にする必要はないけれど、触れてみるとキメがあらかったりカサカサしていることが少なくないのだとか。キレイにしてデートに出かけて、接近戦でがっかり......なんてことのないように、20代からお手入れは抜かりなくしたようがよさそう。
Q.首もとやデコルテのスキンケア、何を使えばいいの?
お顔もピカピカだけれど、レフ版のようになめらかで美しいデコルテを誇っている土岐さん。私たち女性もそんなデコルテになるにはどうしたらいいの?

「保湿はボディクリームなどでもいいのですが、ピカピカを目指すならぜひ顔と同じものを。化粧水、美容液、クリームを顔につけるときに同時にケアすれば簡単ですよ」

そして、土岐さんが保湿と同じくらいに重視しているのが角質ケア。

「角質のターンオーバーが滞るとくすんだり硬くなってシワが刻まれやすくなります。またニキビもできやすくなるので、首やデコルテこそぜひ角質ケアを。スクラブはお肌の状態によっては削りすぎになる可能性があるので、弱めの酸を使うピーリングがおすすめ。化粧水をつける前のまっさらな首やデコルテに角質ケア用のコスメをつければ柔らかくなり、後に続くコスメの浸透もよくなります」