大坂が世界5位のビーナスを相手に金星[香港テニス・オープン]

写真拡大

「香港テニス・オープン」(10月9日〜10月15日/中国・香港/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、世界ランキング64位の大坂なおみ(日清食品)と第2シードで5位のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が対戦。大坂が7-5、6-2のストレートで勝利し、見事ベスト8を決めた。

両者の過去の対戦成績は大坂の0勝1敗。今年の「ウィンブルドン」で対戦し、6-7(3)、4-6とストレートでの敗北だったが、惜敗とも言える結果だった。

第1セットは大坂が先にブレークを許し、追いかける展開に。ビーナスのサービングフォーザセットとなるも、ここで大坂が見事にブレークに成功する。すると大坂は第12ゲームでもビーナスのサービスを破り、逆転で第1セットを奪取。

第2セットは第1セットの勢いのまま、大坂が第2ゲームでブレークすると、第4ゲームでも激しいポイント争いの末ブレークするなど5ゲーム連続で奪取。ビーナスもそこから2ゲームを取り返すも力尽き、大坂が6-2で第2セットを取り、勝利を決めた。

大坂は準々決勝で第6シードで世界ランキング21位のアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦する。

見事金星を上げた大坂の優勝に期待がかかる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「香港テニス・オープン」でベスト8に進出した大坂なおみ
(Photo by Power Sport Images/Getty Images)