ロシアW杯南米予選は10月5日に第17節、10日に最終節が行なわれ、ロシアW杯出場権を得る4位までの国と、ニュージーランドとプレーオフを行なう5位が決まった。


W杯南米予選最終節エクアドル戦でハットトリックを決めたメッシ

 第17節の注目カードは、4位のペルー(勝ち点24)と5位アルゼンチン(同24、順位差は総得点による)の”瀬戸際対決”だった。ホームのアルゼンチンは、最終節が苦手とする高地でのエクアドル戦なので、この試合は何が何でも勝たねばならなかった。一方のペルーにとっても、1982年スペイン大会以来のW杯出場のためには落とせない一戦だ。

 立ち上がりからペースをつかんだアルゼンチンが猛攻を繰り返したが、ゴールは遠かった。13回もの決定機がありながら、GKのセーブ、ポスト直撃、シュートミスなどで無得点。0-0の引き分けに終わった。打っても打ってもゴールに入らず、流れを変えるために投入したフェルナンド・ガゴがわずか5分で負傷退場するなど、完全にツキに見放されていた。

「彼にあれ以上のことは要求できない」とアルゼンチン代表監督のホルヘ・サンパオリが語ったように、この試合のリオネル・メッシは獅子奮迅の働きを見せた。多くのチャンスを演出し、決定的なラストパスを3回通し、守備面でも貢献した。それでも勝ち点3は得られなかった。狙い通りの結果となったペルーでは国民が大興奮。リマの空港には群集が勇者の凱旋を出迎え、大統領までもが代表を称えるために宿泊先のホテルを訪れた。

 それ以外の試合では、勝ち点23で6位のチリが同20で8位のエクアドルを2-1で下し、エクアドルはこれで予選敗退が決定した。

 また、ホームのパラグアイ(勝ち点21の7位)戦に勝てば当確となる3位(勝ち点26)のコロンビアは、1-0のまま歓喜の瞬間を迎えるところだったが、88分まさかのに同点ゴールを許してしまう。その後、90分にサンティアゴ・アリアスが飛び出してきたGKをかわし、コロンビアの決勝点が生まれるかと思いきや、シュートはディフェンダーがブロック。ゴール正面にはフリーの味方が2名いたので、パスを選択していれば得点は間違いなかった。逆にその1分後、アンドニオ・サナブリアのゴールが生まれ、パラグアイが劇的な逆転勝ちを収めた。

 これで第17節終了時の順位は、1位ブラジル(勝ち点38)、2位ウルグアイ(同28)、3位チリ(同26)、4位コロンビア(同26)、5位ペルー(同25)、6位アルゼンチン(同25)、7位パラグアイ(同24)、8位エクアドル(同20)、9位ボリビア(同14)、10位ベネズエラ(同11)となった。

 アルゼンチンは予選敗退圏の6位に順位を下げた。パラグアイは7位ながら、最終節はホームで最下位のベネズエラが相手。3位チリからパラグアイまで、どこがどうなるかわからない大混戦だ。これらの国では、プレーオフで当たる可能性があるということで、日本対ニュージーランドの試合の模様も報じられていた。

 完全に後がなくなったアルゼンチンの最終節は、標高約2800メートルのキトで行なわれるエクアドル戦。すでに敗退が決まっているエクアドルだが、ホルヘ・セリコ監督は、「我々はプライドのためにアルゼンチンに勝つ」と明言し、選手にも活を入れた。

 頼みのメッシもこれまで高地は苦手にしており、キト、ボゴタ(コロンビア/標高約2600メートル)、ラパス(ボリビア/同3600メートル)で出場した代表戦の通算成績は2分け3敗と、一度も勝っていない。サンパオリ監督はかつてエクアドルリーグで指揮していたことがあるものの、酸素が薄い中でプレーするのは選手なので、たいした利点にはならない。

 アルゼンチンの命運がかかる一戦は、試合開始1分、ロマーリオ・イバーラのゴールでエクアドルがいきなり先制する。アルゼンチンでテレビ観戦していた国民のほとんどは、「これで終わった……」とあきらめた。今予選、17試合でわずか16得点のチームに、ここから2ゴールを挙げて逆転できるわけがないからだ。

 だが、奇跡は起きた。12分、アンヘル・ディ・マリアとのワンツーパスから同点ゴール。20分にはゴール正面を強引に突破し逆転弾を突き刺す。そして62分には鮮やかなループシュートを決めた。これら得点者はすべてメッシ。まさに神がかり。これまで成し遂げたことのないW杯予選でのハットトリックをこの大一番でやってのけたのだ。1-3の勝利で、まさにメッシがアルゼンチンをW杯に導いた。

 一方、3位のチリはアウェーでブラジルに完敗し、勝ち点を伸ばせなかった。またパラグアイは最下位ベネズエラにまさかの0-1で敗戦。ペルーとコロンビアは1-1で引き分け、ウルグアイはボリビアを一蹴した。

 この結果、1位ブラジル(勝ち点41)、2位ウルグアイ(同31)、3位アルゼンチン(同28)、4位コロンビア(同27)がW杯出場権を獲得。5位にはチリを得失点差で上回ったペルー(同26)が入り、36年ぶりの本大会出場をかけてニュージーランドとのプレーオフに挑むこととなった。

■海外サッカー 記事一覧>>