マンフロット、ナイトロジェンピストン機構を搭載した「ナイトロテックN8フルードビデオ雲台」の国内発売を発表

写真拡大 (全3枚)

マンフロット株式会社は、新製品「ナイトロテックN8フルードビデオ雲台」と、同雲台の三脚キット4モデルを2017年10月25日(雲台単体のみ11月1日)に発売する。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。

品番名称本体価格(税別)発売日
MVHN8AHナイトロテックN8フルードビデオ雲台75,000円11月1日
MVKN8CナイトロテックN8ビデオ雲台+535カーボン三脚175,000円10月25日
MVKN8CTALLナイトロテックN8ビデオ雲台+536カーボン三脚198,600円
MVKN8TWINMナイトロテックN8ビデオ雲台+546B三脚ツインMS143,600円
MVKN8TWINGナイトロテックN8ビデオ雲台+546GB三脚ツインGS147,500円

ナイトロテックN8フルードビデオ雲台は、ナイトロジェンピストン機構を搭載し、雲台上部のカウンターバランス調整ノブを回すと、ナイトロジェンピストンが昇降し、カウンターバランスが0kgから8kg(機材重心高さ55mm時)の範囲で無段階調整可能。雲台は自重2.2kgと軽量・コンパクト。また、撮影に応じてカメラに装着するレンズやアクセサリーを変更して重量や重心が変わっても、容易にカウンターバランスを調整できるとしている。パン・ティルトそれぞれのドラッグ調整も可能。

雲台の底部はフラットベース(直径75mm、3/8”メス)となっており、フォト三脚、スライダー、ジブ、クレーンなどに装着する際に便利だとしている。ビデオ三脚に組み込む場合は、別途ハーフボールアダプター(マンフロット520BALLSHなど)が必要。雲台側面(パンバーを取り付けない側)の3/8”メスネジにはアームなどを装着可能。マンフロットのアンチローテーション機構に対応している。サイドロック式プレートはカメラの脱着が素早く行え、付属のプレートは新しい504PLONGR(504PLONGの目盛り付きバージョン)で目盛り付きのため、バランス位置を数字で覚えることもできる。MVHN8AHの詳細は以下の通り。

  • カウンターバランス力:0-8kg(重心高さ55mm時)無段階
  • 最大耐荷重:8kg
  • 自重:2.2kg
  • 高さ:14.8cm
  • 三脚取付け:フラットベース(3/8”メス)
  • パンドラッグタイプ:フルード可変
  • ティルトドラッグタイプ:フルード可変
  • 水準器:あり(照明付き)
  • パンバー:あり
  • プレートタイプ:504PLONGR
  • カメラ取付け:1/4”スクリューx2, 1/4”-3/8”アダプター×2
  • ティルト角度:-70° / +90°
  • 使用温度範囲:-15°c〜+50°c

また、雲台MVHN8AHの三脚キットには、MVHN8AH、ハーフボールアダプター(専用75mm)、三脚、専用三脚バッグが含まれている。三脚キットの詳細は以下の通り。

■三脚キット
雲台三脚カウンター
バランス
最大耐荷重縮長最低高最大伸高自重
MVKN8CMVHN8AH5350〜8kg
無段階
8kg88.5cm43cm185.5cm4.8kg
MVKN8CTALL53686.5cm42cm218cm6kg
MVKN8TWINM546B89cm74.5cm170cm6.1kg
MVKN8TWING546GB89cm74.5cm170cm7kg

10月11日には、東京・港区にある同社にて同雲台のプレス向け発表会が行われ、同社のイタリア本部より来日したマーケティングマネージャーのジュゼッペ・ディラウロ氏による製品紹介、PRONEWSでもおなじみの岡英史氏による製品レビューなどが行われた。

イタリア本部より来日したマーケティングマネージャーのジュゼッペ・ディラウロ氏は、市場のトレンドやナイトロテック雲台のターゲットユーザーなどを含めたプレゼンを行ったアンバサダーの岡英史氏による製品紹介。「三脚はバランスが命!」「ボール部分が分離でき、スライダーやミニジブなどの特機に簡単に装着可能」とナイトロテック雲台の魅力をプレゼンしていた