ディ・マリアがPSGをもうすぐ離脱か

写真拡大

パリ・サンジェルマン(PSG)がディ・マリアの代理人に冬の移籍シーズンに中国クラブへの移籍を考慮するように通達した。PSGはFIFAのフェアプレー規則に応じるために、緊急に経費を削減しクラブの収入を増加させなければならない。

ディ・マリアは以前よりPSGの対応に怒りを示しており、移籍を希望している。
しかしながら、テベスやラベッシの前例から中国リーグへの移籍は積極的に希望していない。

PSGで困難な状況を迎えているディ・マリアは、監督ウナイ・エメリからは信頼を得ているが、今後PSGで居場所を確保することは困難である。

夏の移籍シーズンでバルサへの移籍交渉が実を結ばなかったのが惜しまれるところである。