欧州予選全勝は史上3ヶ国目【写真:Getty Images】

写真拡大

 ドイツ代表はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を全勝で突破した。10戦10勝の圧倒的な強さは、本大会の結果にも反映されるのだろうか。

 W杯予選欧州予選を全勝で突破したチームは、過去に2つある。2010年W杯の予選で、スペイン代表とオランダ代表が達成した。ただし、後者は5チーム構成のグループだったため、10戦10勝という意味ではドイツが2ヶ国目となる。

 今回のW杯予選でドイツは43得点4失点、得失点差「+39」と圧倒的だった。これは欧州予選のレコードだ。グループBでは、スイスが第9節まで全勝だったが、最終節でポルトガルに敗れて2位に転落している。

 「予選に強く、本番に弱い」というケースは少なくないが、欧州予選全勝という実績は、ある程度本選での活躍を約束するものかもしれない。

 予選を全勝で突破した過去の2チームは、いずれもW杯で決勝に進んだ。2010年南アフリカW杯、予選で10戦10勝のスペインはW杯で優勝し、8戦8勝のオランダはスペインに延長戦で敗れて準優勝だった。

 過去2例ということでデータとしては不十分かもしれない。それでも、予選で圧倒的な強さを見せたドイツが優勝候補の一つに挙がるのは間違いないだろう。

text by 編集部