これまでに5万人以上の人を占ってきた、ゲッターズ飯田さん。その経験から導き出されたのが、「運は鍛えられる」という考え方。お金持ちや成功者の多くが実践している行動をまねすれば、じつは金運アップできるとアドバイスします。「えっ、そんなことでいいの!?」と目からウロコの、お金持ちに近づく習慣を教えてもらいました。


ゲッターズ飯田さん金運アップにつながる「収納&インテリア」。貯まる人は家もすっきりしています!

●玄関には靴1足だけ

玄関のタタキに出したままにしておく靴は家族で「ひとり1足」に抑えること。それ以外の靴は、きちんと靴箱へしまっておきましょう。「何足もの靴から『どれを履こうか』と迷うのは非効率で時間のムダ。散らかった玄関は気持ちを惑わせる原因にもなります」。散らかったままでも平気、という状態は、ある意味自分の生活がきちんと管理できていないということ。つまりはお金の使い方も含めて、改善の余地があります。

●服を1枚捨ててみる

お金持ちほど、ものが少なくて身軽なもの。新しいものを買ったら、古いものを捨てる習慣が身についています。まずは手持ちのなかで、着ていない服を1枚捨てることからトライしてみましょう。「身なりにこだわるのは大切ですが、それは人に対する気づかいであって、所有欲とは別物。役目を果たした服は捨てる合理性がお金持ちの特長です」。ものをため込むマインドは、新しいことに挑戦する意識と矛盾します。常にアンテナをはっていれば運は向こうからやってきます。

●冷蔵庫になにかはったり、置いたりしない


熱を出してものを冷やす冷蔵庫は、風水では「気が乱れやすい」とされるアイテム。メモやプリントをはったり、上に調理器具や食品を置きっぱなしにしたりすると、運気が下がるもとになります。「じゃまなものはすぐに片づけて、こまめにふき掃除をするように心がけてください。衛生を保つべき場所なので、清潔にしておくことも重要。すっきりした状態なら、毎日の掃除も苦になりません」。ちなみにキッチンではゴミ箱の扱い方も大切なポイント。ゴミから生じる悪い気が家に広がらないように、ゴミ箱はフタつきのものを選びましょう。中も常に清潔にすることを心がけて!

●鏡を磨く

「鏡を見る」ということは「自分を客観的に見る」ということ。きれいに磨いた鏡で自分自身を観察することで、「他人からどう見られているか」を冷静に判断できるようになります。「お金持ちは、玄関に大きな鏡を置いている人が多いもの。ぴかぴかの鏡で自分を確認する習慣をつければ、自然と人に好かれるふるまいができるように」。信頼されるようになれば、自分にとってチャンスの話も舞い込むものです。

●鉢植えのグリーンを育てる


植物には、酸素を生み出し、部屋の空気をきれいにする効果があります。まずは鉢植えのグリーンを1鉢買って、部屋で育ててみましょう。「植物を育てるために必要なのは、土と肥料と水だけ。それすら与えられない人は、他人を育てることもできないし、人間関係もうまくいきません。なお、枯れたままの植物は運気ダウンのもとなので、置きっぱなしにしないことです」。

●床にものをじか置きしない

本や洋服が床にじか置きしている人は、今すぐあるべき場所に片づけること! ものを雑に扱っていると、自分や周りの人も大切にできなくなり、運気も下がります。「とくに、未来の自分をつくる『食べもの』に関するものを床に置くのは厳禁。床にものがなければ、掃除もしやすくなって家をきれいに保つことができ、開運につながります」。

●教えてくれた人
【ゲッターズ飯田さん】
お笑いコンビ「ゲッターズ」として活動。コンビ解散後は放送作家・タレント・占い師としてテレビや雑誌、ウェブで活躍。著書に『ゲッターズ飯田の運の鍛え方』(朝日新聞出版刊)など

<イラスト/カツヤマケイコ 取材・文/ESSE編集部>