週末は休養にあて、再び火曜日から集中的な練習を行なっていたマインツ05。ハンブルク戦にむけてアグレッシブに、対人戦や1vs1、2vs2、3vs3などをこなしていく選手たちの姿は興味深いものがあったのだが、しかしそんななかでカリム・オニシウォが肩を負傷。そのまま病院へと搬送される事態がおこった。

まだ詳しいことは明らかにはなってはいないが、少なくとも肩関節が外れて元に戻す必要があったとのことで、レネ・アドラーは「とても残念なことだよ」と肩を落としている。さらにこの日の練習では、主将代理を務めているシュテファン・ベルが膝の問題により練習中断を余儀なくされた。

なお水曜日には代表参加の武藤嘉紀、ケナン・コドロ、ファビアン・フライ、アブドゥ・ディアロが復帰することになるのだが、サンドロ・シュヴァルツ監督は「重要なことはケガなくもどってきてもらうこと」をねがっている。

マインツに5000ユーロの罰金

DFBスポーツ裁判所は、DFBポカール1回戦リューネブルガーSKハンザ戦にて、ファンが火器類を不正に使用した問題に対して5000ユーロの罰金を科す判断を下した。すでにマインツ側はこれを受け入れていることから、この処分は確定済みとなっている。