エアカランは、エアバスA320neoを2機とエアバスA330-900型機2機を確定発注した。

168席を配置したエアバスA320neoは、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島を結ぶ路線に配備する。ビジネスクラス26席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス244席の計291席を配置したエアバスA330-900型機は、日本線に投入する計画。

エアカランは、ニューカレドニアのヌメアを拠点としている。東京/成田〜ヌメア線をエアバスA330型機で週5便運航し、日本に乗り入れている。