パスワークで隙を狙うサッカーは危険。インサイドハーフがふたり同時に攻撃参加すると守備のバランスが崩れてしまう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

 ハリルジャパンは、カメレオン戦術だ。相手チームの特徴を分析し、その長所を消すところから戦術がスタート。そして、システムや起用選手が決まっていく。
 
 しかし、今回対戦したハイチは、半年以上も試合をしておらず、情報がほとんどない。カメレオンは、最後まで何色に染まるべきか迷いながら、辛うじて3-3で引き分けた。
 
 そんなふわふわの試合だけに、できなかったことを突っ込み始めたらキリがない。ここでは『ボールを持たされた時、引いた相手を崩したい時、“ハリルジャパンは”どうすればいいのか?』。本大会を見据えて、この点にポイントを絞りたい。
 
 ニュージーランド、ハイチともに、やったことは似ている。序盤は日本に好き放題に崩されたので、途中から3枚のボランチで固め、日本の中央攻撃を封じた。そしてサイドから攻めさせ、撥ね返してカウンター狙い。これで日本は行き詰まる。
 
 本大会の出場チームの力量を考えれば、ニュージーランド戦とハイチ戦ほど、日本が一方的にポゼッションする試合は想像しにくい。ただし、先制されたら話は別。日本がボールを持たされる展開は充分にあり得る。あるいは、このような強化試合を繰り返せば、たとえ強豪であっても、本大会で最初から日本にボールを持たせようと、対策を打ってくるかもしれない。
 
 だから、ボールを持たされた状況、引いた相手を崩す方法。ハリルジャパンにとっては苦手なシチュエーションだが、これは整理しておかなければいけない。
 
 さもなければ、ハイチ戦の28分のように、2-0とリードした状況で攻撃に人数をかけすぎて、6人が攻め残って前後分断で失点するという、幼い試合運びを披露することになる。
 
 どうやって、引いた相手を崩すか。
 
 狭いスペースでボールを動かし、速いテンポで相手の隙間をねらって行く……。まず、これを捨て去りたい。それができるほどのクオリティは、日本にはない。逆に、このような狙いを持つと、インサイドハーフのふたりが同時に自分のポジションを離れる現象が増えすぎる。カウンターの格好の餌食だ。
 狙いはサイドしかない。相手の中盤が広大なスペースを与えてくれる時、あるいは日本がカウンターを仕掛ける状況を除けば、起点はすべてサイドに持っていったほうがいい。
 
 そこで重要になるのが、両サイドバックだ。
 
 ニュージーランド戦を振り返ると、相手はクロスへの対応に自信を持っており、日本が得意とするニアサイドへの低いクロスも、完璧に封じていた。しかし87分、突破口を開いたのは、右サイドバックの酒井宏樹だった。乾貴士のクロスを、ファーサイドからもう一度折り返し、左右に振って、最後は倉田秋が押し込んだ。
 
 そしてハイチ戦。鍵を握ったのは、左サイドバックの車屋紳太郎だった。
 
 原口元気がターンし、前を向き始めた時から助走を始め、原口からパスが出ると同時に加速。そのまま相手の最終ラインを、オフサイドぎりぎりの“ジャスト”で抜け出し、相手DFを背走させながら、クロス。最後は酒井高徳のシュートから、香川真司が決めた。
 
 車屋のスピードを落とさない、原口のパスも質が高かったが、やはり左利きのサイドバックだけに、ファーストタッチで加速してペナルティエリアへ侵入し、左足でクロスを入れるまでの流れがスムーズだった。
 
 相手DFよりも一歩前へ抜け出せるかどうか。その微妙なタイミングが、ゴール前では相手の混乱を引き起こすだけに、この車屋の動きは素晴らしかった。