モンテッラ監督、ミラン元名誉会長に反発「彼は何だって発言できる」

写真拡大

 ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、シルヴィオ・ベルルスコーニ元名誉会長の発言に不満を示したようだ。10日付のイタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 モンテッラ監督は「ベルルスコーニ元名誉会長は思っていることを何だって発言できる。しかし発言は、事実に即したものでなければならない。私が常に耳を傾ける用意をしているとしてもだ。ただ、監督は私のものであり、選択は自主的なものである。アドバイスを聞き、それを参考にして計画することは好ましいものだ。けれども、昨シーズンのベルルスコーニ元名誉会長の発言はあまり気に入るものではなかった。それ以外のアドバイスは役立てているけれどもね」とコメントし、ベルルスコーニ元名誉会長に反発した。

 一方、ベルルスコーニ元名誉会長の発言に不快感を示し、モンテッラ監督を擁護したクラブのマルコ・ファッソーネ代表取締役については「とても嬉しく思っている。公の場で自分への信頼を示してくれた。だがそれは2人の間だけでも十分なものだっただろう」と感謝の意を示している。