東京ディズニーランドの開園当初から親しまれてきた、老舗アトラクション「スタージェット」。

そのスタージェットが、先日から予告通り、10月10日をもって営業終了となりました。

東京ディズニーリゾート公式ブログ

このアトラクションのコンセプトは、開発中の最新型ジェットの「試験飛行」に、ゲストが志願をして実際の操縦をおこなうというもの。

その「試験飛行」は約34年間続き、ボランティアパイロットの人数は延べ約5千万人(2017年6月30日時点)にのぼったそうです。

子どもたちの宇宙への夢と憧れを乗せて「試験飛行」を続けていたスタージェットですが、ついにその役割を終えたようです。

営業終了に際して、このアトラクションを34年間にわたって協賛し続けてきたJAL(日本航空)の公式ツイッターが感謝の言葉を述べた、感動的なつぶやきが話題になっています。

 

 

美しい、、、なんと感動的なTweetなのでしょうか。。。

このつぶやきには多くのネットユーザーも感動、そして涙したようです。

ツイッターの反応

 

 

 

 

さようなら、そして、感動と夢をありがとう。。。

『MAG2NEWS』公式メールマガジン(平日配信)

各界の専門家や研究家、著名人らが発行する2万誌のメルマガから厳選した情報を毎日お届け。マスメディアには載らない裏情報から、為になる専門ネタまで、最新ニュースが無料で届く!

出典元:まぐまぐニュース!