大相撲秋巡業が11日、静岡県浜松市内で行われ、日馬富士が逸ノ城をマンツーマン指導した。関取同士の申し合い稽古が行われる土俵下で30分間、逸ノ城と向き合い何度もすり足を繰り返させた。その中で左の使い方など、身ぶり手ぶりでテクニックを伝授。後輩を熱血指導し、「立ち合いの練習をしていました。自分の知っていることを教えてあげた。これを一生懸命、頭に入れてやるかは本人次第。どう努力して繰り返すか」と話した。

 逸ノ城は秋場所前頭6枚目で8勝6敗。九州場所を前に貴重な時間を過ごし、「(日馬富士に教えてもらうのは)久しぶりですね。うれしかったです。あれができれば(再び三役になる)自信あります」と感謝した。その逸ノ城について、横綱は「それは本人次第だよ」と言った。