先制点を挙げた野田隆之介(#15)に駆け寄る湘南の選手たち。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 J2リーグは10月7日・8日に各地で36節の11試合が行なわれた。
 
 首位を独走する湘南はホームに11位・水戸を迎えた。試合は前半から互いに攻守の切り替えが速く、目まぐるしく攻守が入れ替わるも得点には至らず、スコアレスのまま後半へ。ゲームが動いたのは55分だった。ゴール前の混戦から、こぼれ球を拾った野田隆之介が左足を振り抜き、湘南が先制する。その後は水戸に攻め込まれる展開が続くも、少ないチャンスをものにした湘南が、78分と87分に追加点を挙げ、終わってみれば3-0の快勝。勢いに乗る湘南は12試合負けなしで次節にも昇格決定の可能性が見えてきた。
 
 一方2位・福岡は8位・横浜FCと対戦し、ウェリントンの2発などで3-1の勝利。3連勝で3位・長崎との勝点差を3に広げ、自動昇格圏内をキープした。
 
J2リーグ順位表
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
10月7日(土)
松本 1-0 熊本(松本)

徳島 4-1 群馬(鳴門大塚)

千葉  岡山(フクアリ)

東京V 3-1 山形(味スタ)

山口  名古屋(維新公園)

町田  長崎(町田)

湘南  水戸(BMWス)

横浜FC  福岡(ニッパツ)

金沢 4-1 愛媛(石川西部)

10月8日(日)
讃岐  京都(ピカスタ)

大分 3-3 岐阜(大銀ド)