韓国メディアが日本のホーム3失点に衝撃 「テスト失敗」「非難は避けられない」

写真拡大

ハイチ相手に敗北寸前の試合内容「“東アジアの盟主”の体面はどこに?」

 日本代表は10日に行われた国際親善試合のハイチ代表戦に、3-3で引き分けた。

 前半に2点を先制しながらも3失点を許し、終了間際に香川真司が同点ゴールを決めてどうにか引き分けに持ち込んだ。

 この結果について、韓国メディアも詳細に報じている。

 スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は、「“東アジアの盟主”の体面はどこにいったのか。後半に香川の同点ゴールがなければ、衝撃的な敗北になっていた」と伝えている。

 さらに同サイトは「結果は悪くない。問題は試合内容だ。日本は先日のニュージーランド戦に2-1で勝利したが、本田圭佑、岡崎慎司などの主力を抜いて、新たな選手を発掘するためにテストを行ったが、結果的にそれらはほとんど失敗に終わった。ハイチ代表はFIFAランキング48位と決して侮れないチームではあったが、客観的に見れば日本の勝利と予想されていた。ホームでの3失点は衝撃的だった」と報じている。それだけ日本が敗北寸前にまで追い込まれた試合展開は、予想外だったのだろう。

日本も韓国同様の問題を抱えると指摘

 また、一般紙「国民日報」は韓国代表の現状とも比較し「日本も韓国と同じく、ロシアW杯出場を決めた後、試合内容に問題を抱えているようだ」と指摘。記事は「2-3とハイチにリードされた後、エースの香川が日本を救った。それでも日産スタジアムでは一部の観客から試合内容にブーイングも出ていた」と伝えている。

 サッカー専門サイト「インターフットボール」は、「日本は10月のAマッチ2試合を1勝1分としたが、ハリルホジッチ監督への非難は避けられない」と報じた。

 格下と見られたハイチに苦戦した日本が、これからどのようにチームを立て直すのか。11月に日本はブラジルとベルギーと国際親善試合を行うが、この2試合については韓国も大きく注目している。

【了】

金 明碰●文 text by Myung-wook Kim

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images