<VRアプリの宣伝のためにアバターとして動画に登場したザッカーバーグ。ハリケーン被災地のプエルトリコを背景に使ったことで思わぬ批判が>

米フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグCEOが、フェイスブックユーザーに「心ないビリオネア(富豪)」というレッテルを貼られてしまった。

バーチャル・リアリティー(VR)のキャラクターに扮したザッカ―バーグが、大型ハリケーン「マリア」で被災した米自治領プエルトリコを映したライブ動画に登場したところ、これが「(被災地の)のぞき見ツアー」と批判されて炎上したのだ。

ザッカーバーグは、VR部門の統括者レイチェル・フランクリンと共に、フェイスブックのVRアプリ「Spaces」を宣伝する動画に3Dのアバターとなって登場。被災地支援の現場などで赤十字や民間の支援団体と連携しているとアピールした。


  (c) Facebook

ザッカーバーグは、先月下旬にプエルトリコに上陸したハリケーン「マリア」の名前を度忘れしたらしく、それを取り繕うかのように人々が被災地を仮想体験できるVRは「マジカルだ」と称えた。

「あなたもここで起きた被害の一部を感じ取れる。ハリケーン......あのハリケーンによる被害が」と言ってから、ザッカーバーグ一瞬口ごもり、話題を変えた。「VRが本当にマジカルなのは、あなた自身が本当にその場所にいる感覚を味わえることだ」

ザッカーバーグはこの後、洪水に浸かった家並みの映像をバックに、フランクリンとハイタッチして見せた。

これがユーザーの批判を招いた。

「VRのカッコよさをアピールするために災害を利用するのは、ちょっとおかしくないか」「これってジョーク?」「都合の良い災害を見逃せないのだろう。やるべきことはフェイスブックの宣伝。いかにも彼らしい。被災者や住民の苦しみには触れず、フェイスブックのことばかりしゃべっている」と否定的なコメントが寄せられた。

アンソニー・カスバートソン