「進化がない」、「守れない」と、シアラーにバッサリと切り捨てられたクロップ監督。ピッチの上で反論できるか。 (C) Getty Images

写真拡大

 2017年10月8日で就任からちょうど丸2年となったリバプールのユルゲン・クロップ監督を、元イングランド代表FWで現在解説者を務めるアラン・シアラーが、バッサリと切り捨てた。
 
 シアラーは、コラムを持つ『サン』紙でクロップに痛烈なダメ出し。「8節終了時点で10位だった就任当時のチームは、現在7節終了時点で7位。大きな歩みがあったとはとても言えない」と指摘すると、次から次へとパンチを浴びせる。
 
「カップ戦のファイナルに二度進出し、チャンピオンズ・リーグの舞台にも戻った。しかし、チームは進化していない」
 
「彼の勝率は49.5パーセント。これはブレンダン・ロジャース(前監督)以下で、マンチェスター・ユナイテッドを解雇された時のデイビッド・モイーズ(元監督)にも及ばない」
 
「あるのは情熱と興奮だけ。ハマった時はイケイケ、でも守れない。そんな戦い方ではリーグタイトルは勝ち取れない」
 
 そして、10月14日に予定されているプレミアリーグ8節のマンチェスター・ユナイテッド戦に言及。「負けたら首位タイのユナイテッドとの勝点差は10。タイトルレースはその時点で終了だ」と、クロップにプレッシャーをかけた。
 
 言いたい放題のシアラーに、クロップとリバプールはピッチの上で反論できるのか。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部