リバプールのサディオ・マネ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールは10日、セネガル代表FWサディオ・マネがワールドカップ(W杯)予選の試合で負傷したとして、6週間の離脱を強いられる見通しとなったことを発表した。

 マネは現地時間7日に行われたアフリカ3次予選のカーボベルデ戦に出場。2-0の勝利を収めたこの試合で終了間際に負傷して交代を余儀なくされた。

「サディオ・マネは代表チームの活動中にハムストリングを負傷し、離脱を強いられることになった。最大で6週間はプレーできない可能性がある」とクラブは公式声明で述べている。

 マネは今季のプレミアリーグ開幕から3試合連続でゴールを奪い、8月のリーグ月間最優秀選手に選ばれるなど順調な形でシーズンをスタート。だがその後マンチェスター・シティ戦での危険なプレーにより3試合の出場停止処分を受けていた。

 セネガル代表としても、11月に行われる南アフリカとの予選最後の2試合を欠場することが見込まれる。グループ首位に立つセネガルは、2試合で勝ち点2以上を獲得すれば他の結果にかかわらず4大会ぶり2度目のW杯出場を決めることができる。

text by 編集部