【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部の疾病管理本部は11日、韓国が土着の風疹ウイルスの伝播(でんぱ)を36カ月以上にわたり遮断し、西太平洋諸国で初めて世界保健機関(WHO)から風疹の「排除国」に認定されたと発表した。 

 WHO西太平洋地域事務局が9日、韓国とニュージーランドを土着の風疹ウイルスによる感染がない「排除状態」と認定した。

 韓国は2014年にはしか(麻疹)の排除国にも認定されている。