写真:AFLO

 本誌が、最新の “大人の社交場” に潜入調査して判明した、予算3000円圏内で女性と出会えるスポットを紹介する。

●出会い系パブ(予算1620円〜)

「3回利用し、LINEの交換率は100%。そのうち2回は、女性を外に連れ出せましたよ」

 合コンスナイパー・桜井涼氏が語るのは、東京・恵比寿や新宿にある立ち飲みパブ「P」。男性料金は3240円で時間無制限飲み放題。19時までに入れば、半額の1620円になる。しかも、再入場が可能。女性は20代から30代が中心で、40代も見かける。男性は30代が多そうだ。

 男性記者が声をかけたのは、テーブルからあふれた31歳の看護師。カラオケに誘うと、「トイレに行った友達を待っている」と拒否。「友達が戻ったら連絡ちょうだい」とLINE交換を促すと、まさかのOKだった。連れ出すことはできなかったが、手応えは十分。なお、ボトルを入れればVIPルームが使用できるらしい。活用すれば、大人の余裕をアピールできそうだ。

●外資系企業が入るビルのバル(予算3000円〜)

 女性記者が潜入。木曜20時、某ヒルズの立ち飲みバルへ。海外慣れした、さばけた美女が集まると聞く。550円のビールを注文し、スマホをいじっていると、「一杯おごりますよ」と声をかけられた。水色のワイシャツの30代。「一緒に飲まない?」ではなく「一杯おごる」は断わりづらい。……が、ヒールで立っているのに疲れてきたので退散。男性が行くなら、座席に案内するまでが勝負かと。

●手ぶら系BBQ(予算2000円〜)

 最近人気の、手ぶらで行けるBBQテラス。お台場にあるこちらは、食材持ち込みなら入場料2000円だ。肌寒い土曜日、男4人で参戦した。隣には、30代の女性3人組。勢いよく燃え上がっている火を、鎮火してあげると拍手が。お礼にビールを一缶もらい、乾杯に成功した。しかしそのあとは、グループ混ざり合って……とはいかず、ほどなく別々になってしまった。

● “男飯” ご一緒作戦(予算3000円〜)

 ドカ盛り、コッテリ、古びた外観……。“女一人じゃ入りにくい” 飲食店への同行を口実に、出会いを狙う方法がある。やり方は、SNSで「◯◯に興味ある人、一緒に行かない?」とツイートするだけだ。

 今回は、東京の下町にある、人気の餃子店を餌に拡散。ほどなく見事アラサー女子が釣れた! さっそく待ち合わせて軽く飲み、界隈のホテルに誘ったところ、「口が臭いから、そういうコトできない。ゴメンね!」と早々に帰られてしまった。が、デートにこぎつけるには威力を発揮することを実感した次第だ。
(週刊FLASH 2017年9月12日号)