右膝の怪我などに悩まされていた岩渕は、約7か月ぶりに代表復帰した。(C)Getty Images

写真拡大

 日本サッカー協会は10月11日、MS&ADカップのスイス戦(10月22日/長野)に向けた日本女子代表のメンバー23名を発表した。
 
 キャプテンの熊谷紗希のほか、鮫島彩、阪口夢穂といったお馴染みの主軸メンバーが順当に選出されたほか、右膝の負傷など度重なる怪我に悩まされていた岩渕真奈が、約7か月前のアルガルベカップ以来の代表復帰。さらに、リーグ3連覇を果たしたベレーザからは、初招集となった清水梨紗ら7名が選出された。
 
 今回のスイス戦は、12月に千葉で開催される「EAFF E-1 サッカー選手権 2017決勝大会(旧・東アジアカップ)」や、来年4月にヨルダンで開催予定のアジアカップに向けた、重要な力試しの場となるだろう。昨年4月からチームを率いる高倉麻子監督は、メンバー発表会見にて、「様々な選手を試して、いろんなエラーもありながらチームを作ってきた。前から奪いに行くことがコンセプト。どこで奪いに行くのかを明確にしたい。また得点の入るチームにしていくこと。前線の選手にもアプローチをしながら、攻撃的なサッカーを展開したい」と意気込んでいる。
 
 なでしこジャパンのメンバー23名は以下の通り。※=初招集
 
日本女子代表メンバー
GK
1 池田咲紀子(浦和L)
21 武仲麗依(INAC)
 
DF
2 高木ひかり(ノジマステラ)
3 鮫島 彩(INAC)
4 熊谷紗希(リヨン/フランス)
6 宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)
19 北川ひかる(浦和L)
20 万屋美穂(マイナビ仙台)
22 清水梨紗(ベレーザ)※
23 三宅史織(INAC)
 
MF
7 中島依美(INAC)
10 阪口夢穂(ベレーザ)
12 猶本 光(浦和L)
13 國澤志乃(長野L)
14 中里 優(ベレーザ)
16 隅田 凛(ベレーザ)
17 長谷川唯(ベレーザ)
 
FW
5 櫨まどか(伊賀FC)
8 岩渕真奈(INAC)
9 横山久美(フランクフルト/ドイツ)
11 田中美南(ベレーザ)
15 籾木結花(ベレーザ)
18 上野真実(愛媛L)