空を制する男、ジルー photo/Getty Images

写真拡大

イングランドのアーセナルでプレイする長身ストライカーに対し、イタリアの名門インテルが熱視線を送っているようだ。

先日、夏の移籍市場でエヴァートンへの移籍が合意間近だったと語り、母国のリヨンやマルセイユからの関心も明かしていたガナーズのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー。31歳となった現在も依然として他クラブを魅了し続ける同選手だが、新たにインテルがこのベテランストライカーとの契約を目指していると『calciomercato』が報じた。

今季6勝1分でセリエAの3位に食い込む奮闘を見せるインテルの首脳陣は、冬のマーケットで仏のエアーバトラー獲得を熱望しており、エースのマウロ・イカルディと破壊的なバディを構築させようと模索中しているという。

もちろんこの青写真を実現する上での弊害は存在する。かねてよりジルーは自身をワールドクラスのCFへと育て上げたアーセナルへの愛情を公にしており、イングランドでのキャリア続行を熱望。今夏には彼のライバルとなりうる名手アレクサンドル・ラカゼットが加入するも、彼らの絆は強固なままだ。引き抜きを画策するインテルがどのような奇策を考慮しているのかは定かでないものの、シーズン前半戦の彼のプレイタイムも今後の状況に少なからず影響を及ぼすことになるかもしれない。