trend_20171011134347.jpg

写真拡大

東京都目黒区にある「自由が丘スイーツフォレスト」では、ハロウィンをテーマにしたイベント「HAPPY!ハロウィン・スイーツ2017」を2017年9月7日〜10月31日まで開催している。

カボチャの中に入っているのは......

同店では、「Trick & Treat!(いたずらもスイーツも!)」をテーマに、ウサギやカボチャをかわいくデザインしたスイーツを発売している。

「メルシークレープ 『ショコラウサギのハロウィンミルクレープ』」(920円)は、クレープ生地と特製パンプキンクリームを幾重にも重ね、「ショコラウサギちゃん」とハートのクッキーが飾られている。

「ベリーベリー 『ハロウィンベリー』」(620円)は、カボチャ型にデザインされた陶器の中に、パンプキンムースとホワイトチョコレートクリームを重ね、苺コンポートをしのばせた見て楽しい、食べて楽しいスイーツだ。

フレッシュベリー、アラザンを飾り、可愛らしく仕上がっている。

「パティスリーシェリーブラン『ハロウィンタルト』」(630円)は、サクサクに焼き上げたアーモンドとバターが香るタルト生地に、カスタードクリーム、かぼちゃのコンポート、シャンティ(生クリーム)、かぼちゃクリームを合わせている。

3か月間楽しめるケーキ?

「エコールシュクレ『クリスピーシュガーケーキ〜ハロウィン2017〜』」(2222円)は、これまでにない斬新なスイーツだ。

外側はマシュマロ風味で、サクサクのクリスピーケーキが中に包まれている。

常温で3か月保てるケーキで、店頭では9月7日から透明ケースに入れた状態で飾られている。ハロウィン前からハロウィンの雰囲気を楽しめる新しいハロウィンのカタチだ。

「エコールシュクレ」という、ケーキ専門家が作ったケーキで、普段は店頭販売していないが、今回自由が丘スイーツフォレストで初めての発売となる。20個限定だが、注文が多く入れば追加生産に踏み切る可能性もあるという。

店の場所は、東京都目黒区緑が丘2-25-7。

詳しくは公式サイトまで。