10日、カルフォルニア州サンタロザの野火(AMY OSBORNE/AFP/Getty Images)

写真拡大 (全4枚)

 熱風と乾燥の影響で、米カリフォルニア州では現地時間8日から野火が発生している。野火は少なくとも17カ所で確認され、これまでに17人が死亡、180人以上が行方不明となっている。

 野火は強風にあおられて、州の特産で知られるワイン農場を荒れ地に変えた。州の災害当局は、数百人の消防隊員を導入したが、まだ鎮火に至っていない。緊急対策当局広報ブラッド・アレクサンダー氏は、「現地の気候は冷気が差し込み、強風は弱まっていて(消火活動には)有利となる。しかし、まだ火災は続いている」と予断を許さない状況とし、市民には略奪行為に警戒するよう呼びかけた。

野火は、人口密度の高い都市部の北部サンフランシスコにも延焼した。2万5000人が避難を余儀なくされ、2000件以上の家屋が損壊した。

 災害当局Cal Fireによると、延焼面積は110平方キロメートルに及ぶ。火災は、世界的な観光地でもあるソノマ群、ナパ群の数十のワイナリーも襲った。被害の大部分はナパ軍サンタロサで、17万5000人の住む都市にはワイン生産業の富裕層と労働者階級が住み、100人の負傷者がでている。

(AMY OSBORNE/AFP/Getty Images)
被災したサンタロサの高校(David McNew/Getty Images)
被災したサンタロサのワイナリー(David McNew/Getty Images)

(編集・甲斐天海)