桐生祥秀【写真:Getty Images】

写真拡大

えひめ国体で400mリレーに出場…アンカーを務めるも悔しい準決勝敗退

 陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)がインスタグラムを更新。えひめ国体(ニンジニアスタジアム)に400メートルリレーの滋賀代表メンバーとして参加していた“日本最速の男”は、共闘した同郷の先輩との2ショット写真を公開し、「楽しかった」と大会を振り返った。

 9月の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)男子100メートル決勝で、日本選手初の9秒台となる9秒98をマークした桐生。記録樹立後初の大会となったえひめ国体には、出身地である「滋賀県」の400メートルリレーメンバーとして出場した。

 アンカーを務めて予選は4組首位(40秒32)で通過。準決勝は同組の大阪代表アンカーに多田修平(関西学院大)がおり注目を集めたが、チームは5位(39秒87)に終わり、決勝進出には届かなかった。

 桐生は11日にインスタグラムを更新。投稿した1枚の写真には、第2走を務めた小谷優介(住友電工)との2ショット写真を掲載。2人は2015年大会でもチームメイトだった間柄だが、笑顔ではなく、キリっと引き締まった表情を見せている。投稿では「小谷さん自分から写真とろって言ってきたのに全部写真顔怒ってるしw 一つも笑顔がないやんwツンデレ」(原文ママ)とつづり、「#ツンデレ先輩」「#真似楽しい」とハッシュタグでも状況を説明している。

 他にも、ハッシュタグで「#愛媛国体2017」「#リレー」「#楽しかった」「#国体中みなさん応援ありがとうございます」と、大会の感想とサポートへの感謝を記した。大学生活でのレースも残りわずか。桐生の走りから目が離せない。