@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

輸入車ユーザー ディーゼルに理解

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、パサートのディーゼルエンジン搭載車、パサートTDIシリーズの型式認証を取得し、日本市場への導入を決定した。

なお、国内販売は来年初めを予定している。


日本のディーゼル乗用車市場は、今年上半期では、前年同期比で1.2倍、そのなかでもディーゼル車のバリエーションが多い輸入車は、同2倍以上と注目されている。

ディーゼル車が伸びている背景には、経済性(燃油代)、豊かなトルク、低いCO2排出量などへの理解が広がっていることが挙げられ、今後も一定の需要が見込まれている。
 

ヴァリアントを東京ショーに展示


今回導入発表された2ℓディーゼルターボ「TDI」は、排ガス後処理システムに酸化触媒、SCR(尿素式選択還元触媒)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)を採用。世界的にも厳しいとされる日本のポスト新長期排ガス規制に適合している。


TDI搭載のパサート日本仕様は、セダンとステーションワゴンの2モデルを用意。なお、東京モーターショー2017に、ステーションワゴンの「パサート・ヴァリアントTDI」を参考出品される予定だ。