画像提供:マイナビニュース

写真拡大

長い階段の上り下りもなく、近郊のお買い物やちょっとした用事、隠れた街の魅力を引き出す"街ぶら"にも活躍する路線バス。しかし鉄道に比べ、渋滞や天候でダイヤが乱れやすい傾向にあるのも事実。ゼンリンデータコムとPCIソリューションズは、バス運行情報を的確に把握できる「バスロケーションシステム」の開発に乗り出し、販売を開始したことを発表した。

「バスロケーションシステム」は、バス車両の運賃箱とGPSや通信機能を持つ専用車載端末との連動により、停留所の通過、未通過を把握する。事前には把握できない乗降者の有無を専用車載端末で把握することで、より正確なバスの運行状況を掴めるようになる。Web閲覧ベースのシステムは、アプリをダウンロードせずともスマートフォンやPCで利用でき、マップ上に現在の位置、指定のバス停にあと何分で来るのかなど手軽に確認できるようになる。

専用車載端末にはVoice機能も搭載しており、路線や管轄営業所単位などのグループ、全車両一斉同報など運転者とのコミュニケーションも可能なほか、オプションのバスサイネージは車両内のみならず、バス停や近隣施設に、正確性を高め、一目で把握できる路線バスの魅力を地域と共にアピールできる。