犬の尿が無色・無臭!?

トイレシートでおトイレをさせている場合、愛犬の尿の量や色や臭いをチェックされているかと思うのですが、健康状態をチェックするためにも重要な要素であり、素人でも一目で異常に気付くことができます。

尿の異常は腎臓の異常?

元気もあり健康そうな愛犬が突然、無色・無臭の尿をしてしまったら、ほとんどの場合、腎臓の機能に異常が起きている可能性があります。
腎臓の機能に異常が起きてしまったことで正常な尿を作り出すことができなくなっているのです。

犬の尿が無色・無臭になってしまった場合、どのような病気を疑うことができるのでしょうか。

犬の尿の質が変わったら、どんな病気の可能性があるのか?

犬の正常な尿の色は淡い黄色であり、多少のアンモニア臭があります。

臭いの感じ方は飼い主さんによっても異なる場合がありますが、普段から尿の色や臭いをチェックされている方であれば、「いつも通りだな」と感じることができるのではないでしょうか。

毎日のことなので嗅ぎ慣れてくると、あまり強い臭いには感じない場合もあるかもしれません。

尿が無色になってしまう主な原因と病気

水をたくさん飲んだことによって尿が薄くなり、ほとんど色のない尿になってしまったり、無色になってしまうことがありますが、水をたくさん飲んだことが原因なのであればカラダに異常はないでしょう。

何等かの病気が原因で尿の色が無色になってしまっている場合、腎臓の機能が低下し、正常な尿を作り出すことができなくなっている可能性があり、

糖尿病副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)尿崩症

このような病気の可能性があります。

犬の糖尿病

糖尿病を患ってしまった犬は大量の水を飲みます。無色・無臭の尿が出てしまうのは、大量の水を飲んだことによって尿が薄くなってしまったためです。

ごはんもしっかり食べ、お散歩もし、とても元気で健康そうなのに急激に痩せてしまったり、大量の水を飲むようになってしまったら、糖尿病のサインである可能性があります。

原因と治療法

糖尿病の主な原因は肥満ですが、ストレス・ホルモンの異常・膵臓の炎症・遺伝・投薬などが原因となる場合もあります。

軽度である場合の治療法は主に食事制限と運動です。
重度である場合の治療法は、インスリン注射を打つことによって、インスリンを補う必要がある場合もあります。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

副腎皮質機能亢進症を患ってしまった犬は大量の水を飲みます。無色・無臭の尿が出てしまうのは、大量の水を飲んだことによって尿が薄くなってしまったためです。

尿が無色になってしまうこと以外には、脱毛・過食・皮膚への色素沈着・元気がない・お腹が垂れ下がるなどの症状があります。

副腎皮質機能亢進症は、甲状腺機能低下症や糖尿病を併発してしまう可能性があり、注意が必要です。

原因と治療法

副腎臓皮質ホルモンが過剰分泌されてしまうことが主な原因です。その他には、副腎皮質ホルモンの大量投与・副腎の腫瘍・脳下垂体の腫瘍などが原因になる場合もあります。

過剰分泌されてしまう副腎臓皮質ホルモンの分泌を抑制するための投薬によって治療が行われますが、病気治療のために副腎臓皮質ホルモンを投与している場合は投与する量を減らさなければならない場合もあります。

尿崩症

尿崩症を患ってしまった犬は大量の水を飲みます。無色・無臭の尿が出てしまうのは、大量の水を飲んだことによって尿が薄くなってしまったためです。

原因と治療法

脳下垂体から尿の量を調整するためのホルモンが分泌されているのですが、遺伝によってそのホルモンを作り出すことができない犬もいます。

ホルモンを作り出すことができない場合や分泌に異常がある場合、尿崩症を患ってしまう可能性があります。

その他には、抗けいれん薬の投与や利尿薬の投与によって尿崩症を発症してしまう可能性もあります。

抗けいれん薬の投与や利尿薬の投与が原因である場合には投与をやめ、腎臓や肝臓や副腎に異常や病気がないかを確認するための検査を受けることをおすすめします。

まとめ

犬の尿が無色・無臭になってしまう主な原因は、何等かの病気が原因となり、大量の水を飲むことで尿が薄くなってしまうためです。

普段から愛犬が1日にどれくらいの水を飲むのかをチェックし、あまりにも多くの水を飲むようになってしまった場合や尿が無色・無臭になってしまった場合には、何等かの病気を発症してしまっている可能性が高く、早めに受診されることをおすすめします。