犬もクーラー病(冷房病)になります

犬は私達人間のようにダラダラと汗をかけません。そして私達よりも体高が低いので、夏には常に地面からの熱気にさらされています。愛犬のために夏には毎日クーラー(冷房)をつけている飼い主さんも多いでしょう。

室温管理をきちんとしてあげることは素晴らしいですが、設定温度が寒かったり、長時間クーラーのかかった部屋にいると体に不調が表れることがあります。これをクーラー病(冷房病)といいます。

では、クーラー病(冷房病)にはどんな症状があり、それにはどんな原因が考えられるのかを挙げていきたいと思います。また、予防法も併せてご覧ください。
ではさっそく、見ていきましょう!

症状

クーラー病の初期症状は、

咳やくしゃみを何度も繰り返す鼻水がたくさん出る

といった風邪を引いたような症状に見えます。初期には「カッカッカッ」といった軽い咳をする程度ですが、これを放っておくと悪化してしまいます。悪化してしまうと、

苦しそうに呼吸をするようになる頻繁によだれを出すようになる吐血してしまう冷えによる下痢、嘔吐を繰り返す

など明らかに体調に問題があることが分かるようになります。重症化していますので動物病院にを受診し適切な処置を受けさせてあげましょう。

原因

犬がクーラーによる不調をおこす原因として、

温度差による自律神経の乱れ適切な温度ではない室内が乾燥する

などが挙げられます。夏は外の気温と室内の気温の差が大きいため、犬も自律神経のバランスを崩しやすくなります。その結果、体調を壊しやすくなります。

犬は人間よりも体高が低く、生活している場所は私達よりもずっと低い位置になります。また、クーラーをつけていると冷たい空気は下に行く性質があるので地面付近のフローリングや床などは冷えやすくなります。

私達が快適な温度であっても、犬にとっては体が冷えすぎてしまうことがあります。そのような「犬目線では適切温度ではない」ことが体調を崩してしまう原因になります。

また、クーラーを長時間つけていると空気が乾燥してしまいます。空気の乾燥は気管を痛めてしまう原因になりますし、症状を放置していると肺炎や気管支炎になることもあります。

予防・対処法

適切な温度管理クーラーだけに頼らない体調チェックをこまめにする

日本の猛暑を乗り切るにはクーラーは欠かせません。

クーラーは必要ですが、クーラーだけを使うのではなく、涼しいなったときはなるべく窓を開けて自然風を入れたり、扇風機や冷風機、ひんやりマット(アルミ製や犬用の保冷剤でできたもの)で犬が体熱を発散できるように工夫してあげましょう。

また、冷たい空気は下へ貯まるので、犬の生活範囲である床のあたりだけが冷えすぎないようにしましょう。目安として床付近だ28度くらいが適切な温度です。クーラーをつけている間は温度計でチェックするなどして温度管理に努めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クーラーはとても便利で温度管理もしやすいので、夏の間はついつい頼ってしまいますよね。クーラーを使うことは熱中症予防などに良いことですが、「冷やし過ぎない」ことが大切ですね。

また、犬種によっても適切な温度が違ってきますので、暑いのが苦手なワンちゃんには様子を見て温度を考えてあげてくださいね。