犬が骨折してしまう原因とは?

愛犬が骨折してしまったとき、みなさんは冷静に対処することができるでしょうか。

うちの愛犬、ポメラニアンは骨折や脱臼しやすい犬種なため、骨折や脱臼してしまわないように日々とても気を付けているのですが、いざ骨折や脱臼してしまったとなった場合、冷静に対処することができるのか、どのように対処したら良いのか、上手く判断することができないかもしれません。

いざという時に慌ててしまわないように、冷静に対処することができるように、役立つ情報をお伝えしたいと思います。

また、犬が骨折してしまう原因を知っておくことで、骨折を未然に防ぐことができるのではないでしょうか。

外傷によって犬が骨折する原因

事故や犬同士の喧嘩によって、とても強い力が加わり、それが骨折の原因になってしまうことがあります。

自宅から脱走してしまい、事故に遭い、骨折などの大きな怪我をしてしまう犬がとても多いようです。
また、犬同士の喧嘩によって骨折してしまい、病院に運ばれてくる犬も多いようです。

犬の外傷による骨折の主な原因は犬や他の動物との喧嘩自動車や自転車との交通事故高い場所からの落下などが多いようです。

人とぶつかってしまったことで骨折してしまう犬もいるようですので、自宅での過ごし方にも注意が必要なのではないでしょうか。

高い場所からの落下についてですが、超小型犬や小型犬の場合、10cm程度の高さであっても落下すると骨折してしまう可能性がありますので、ソファーやベッドの昇り降りなど十分な注意が必要です。

犬も疲労骨折する!?

とても弱い力である場合も、同じ場所にその力が加わり続けることによって骨折してしまうことがあります。

このような場合を疲労骨折と言います。
老犬になり、自分で上手く寝返りをすることができず、同じ向きや姿勢でい続けたことによって、同じ場所に力が加わり続け、疲労骨折に繋がることが多くあるようです。

病気が原因で犬が骨折してしまう

骨の病気や骨の腫瘍が原因となり、骨が弱くなって折れてしまうことがあります。
このような場合を病的骨折と言います。

人間も骨粗鬆症など骨が脆くなってしまう病気がありますが、犬も同じように骨が弱くなってしまうと骨折しやすくなってしまうため、骨に関する定期的な検診を受けることで骨折を予防してあげることができます。

犬が骨折してしまったときの症状

骨折してしまった箇所や、どのように折れてしまったのかなどによって症状は変わります。
一般的な症状としては、局部に腫れが見られます。
また、痛みがあることによって、歩き方や動きが不自然になってしまうことがあります。

折れた手足を上げたまま地面につけようとしない歩き方がスキップをするようなぎこちない歩き方をする腫れた局部を触らせようとしない折れてしまった手足が違う形をしてしまっている

このような症状があり、異常があるということがすぐに分かりますので、すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

骨折の治療について

治療法は、骨折の原因、骨折している箇所、骨折の状態、年齢、体格などによって変わります。
骨折の状態が軽度である場合にはギプスなどによる固定で治療する場合がほとんどです。

固定で治療することが難しい場合には手術が必要になります。
骨折した場合、2週間以内であれば骨がくっつきやすいため、早めの治療をおすすめします。

おおよその治療費

治療費は10万円〜50万円程度であるケースが多く、10万円以下であるケースもあります。
50万円よりもっと高額になってしまうケースもあるなど、骨折の状態や治療法などによって大きく異なります。

まとめ

愛犬の健康管理をしっかりと行うことで防ぐことができる骨折もあります。
日々、安全に気を付けることも大切で、思わぬ事故を防ぐことが必要です。

しかし、思わぬ事故というのはつきもので、自宅でも「あ!危ない!」という経験をされている愛犬や飼い主さんも多いのではないでしょうか。

お散歩中にリードを手放してしまい、愛犬が走り出してしまい、自動車や自転車との事故に遭ってしまった、それが骨折の原因になってしまったケースがとくに多いようです。

愛犬同士の喧嘩、ソファーなどの高い場所からの落下などによって骨折してしまうケースも多いです。

思わぬ骨折をしてしまうことはあるかと思いますが、焦らず冷静に判断し、早めに病院で治療を受けさせてあげましょう。