造船大手の大宇造船海洋(上から)、現代重工業、サムスン重工業=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】造船・海運市況を分析する英クラークソンが11日までにまとめた資料によると、韓国の造船所の9月受注量は146万CGT(標準貨物船換算トン数)で世界1位だった。大型のコンテナ船、鉱石運搬船、オイルタンカーの計26隻で、全て造船大手のサムスン重工業、大宇造船海洋、現代重工業が受注した。9月の受注量は韓国に次いで中国が89万CGT(21隻)、日本が26万CGT(12隻)の順だった。

 1〜9月の受注量を国別に見ると、中国が509万CGT(217隻)で1位、韓国が504万CGT(133隻)で続いた。日本は147万CGT(76隻)で韓中を大きく下回った。1〜9月の世界の船舶発注量は1593万CGT(573隻)で前年同期に比べ約63%増加した。

 9月末時点の韓国造船会社の手持ち工事量は8月(1596万CGT)より多い1665万CGTだった。前月比で増加したのは23カ月ぶり。

 業界関係者は、大規模発注や手持ち工事量の増加、新造船価格の下落に歯止めがかかったことなどは市況復調のシグナルだとしながらも、「こうした傾向がどれほど続くかはさらに見守る必要がある」と慎重な姿勢を示している。