若林正恭(オードリー)

写真拡大

10日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)で、オードリー若林正恭が、老医師と大ゲンカした顛末を語った。

番組冒頭では、宮崎県初の女性フライトドクター候補生である篠原希さんの仕事ぶりをダイジェストで紹介した。篠原さんは「男の医者を出せ」「お前女だろ。女には分かんねぇよ」と男性患者から吐き捨てられることもあるようだ。

VTR明けのスタジオで、YOUは「『男の医者を出せ』はちょっとイラッとするなぁ」「男だって、ポンコツいるよね」と憤ると、若林が「俺、一回おじいちゃんの医者と大ゲンカしたことがあって」と告白したのだ。

若林が喉を痛め、治療に訪れたときのことだ。医者が喉の奥の患部に薬を塗った際、若林は思わず「ううっ!」と、のけぞってしまう。若林が「ちょっと(薬が)苦くて」と釈明するや、医者は突然「文句言うなら帰れ!」と怒鳴りつけてきたとか。

その後も、医者は「君は文句を言うために来たのか? 喉を治しに来たんだろ?」「じゃあ、あんなこと言うなよ」と説教を続けたそう。若林は理不尽に思える医師の説教に「(消毒液の)味で勝負してんのか!」とツッコミを入れ、共演者の笑いを誘っていた。

【関連記事】
若林正恭が男子大学院生に言われた痛烈なひと言「ダサいっすよ」
若林正恭 悪口を書き連ねたノートの存在を告白「見られたら終わり」
若林正恭がぶっちゃけキャラに物申す「偉いみたいな感じ出すの止めて」