11日、米絵本作家の故ドクター・スース氏の80年前の作品がこのほど、「中国人に対する侮辱」論争に巻き込まれているという。資料写真。

写真拡大

2017年10月11日、中国紙・環球時報は、米絵本作家の故ドクター・スース氏の80年前の作品がこのほど、「中国人に対する侮辱」論争に巻き込まれていると伝えた。

9日付の英紙ガーディアンによると、中国系を含む3人の作家はこのほど連名で、スース氏の故郷、米マサチューセッツ州スプリングフィールドにある同氏のミュージアムに展示されている壁画について、中国人に対するステレオタイプに満ちたものだとして撤去を求めたという。

この壁画は、スース氏の1937年の作品「And to Think That I Saw It on Mulberry Street」から取られたもので、大勢の人の中に、中国の清代の官服風の衣装を着たつり目の男性が、手に箸と茶碗を持ち走る様子が描かれているという。

作家らは声明で「このイラストは80年前に出版された時には面白いと思われるかもしれない。だが2017年には明らかに攻撃的だ」と主張した。

ミュージアム側は5日、作家らの要請に応じ壁画を撤去すると表明した。だがドメニック・サルノ市長は7日の記者会見で「作家の要求に沈黙してはいけない」とし「これは『最悪のポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)』だ」と非難。中国系デベロッパーのアンディー・イー氏は「壁画が撤去されたら、それを買う意思がある」と明らかにしたという。(翻訳・編集/柳川)