深刻な大気汚染にさらされている中国。個人レベルでは対策が難しいのが現状です。

とある欧米人が北京でレンタカーを借りたところ、空気清浄のために「あるもの」が置いてあったそうです。

 


大きな植物の鉢植え!

空気清浄効果が期待できるかは別にして、これはこれで車用芳香剤の役目をしているのかもしれません。

都市全体の汚染がひどいので、気持ちだけでもクリーンな雰囲気を味わいたいのでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●実際のところ、これって空気の質を向上させられるの?

↑MERV16フィルターほどではない。
[画像を見る]

↑それが何かわからないが、Googleによると120〜180ドル(1万3000〜2万円)もする。植物のほうが安い。

↑そうだよ、健康の評価をドルで判断するんだ。真のアメリカのやり方だよ。

↑外気の汚染はあきらめなくちゃいけないのが中国のやり方だよ。

●よし、自分の車にも植物を置くぞ。

(投稿者)緑の葉っぱの植物を使うんだ。サボテンや落葉性の植物はダメ。

↑え? 自分の車にあるこのサボテンは何の意味もないの?

↑サボテンでもOKだよ、ただしアリゾナ州出身の人にしか効果がない。

↑何の意味もないとまでは言わないが。

↑スパティフィラム属を手に入れるといい。それらはかなり車内の空気清浄をしてくれるよ。ケンチャヤシとペアにしてもよい。ポトスでもよい。車の中のホルムアルデビドを消してくれるであろう。
[画像を見る]
(スパティフィラム属 - Wikipedia)

●もしかしたら、それはプラント(植物)ではなく、パワープラント(原発)なのかも。

(投稿者)確かにコンソールボックスとつながっているな。その植木鉢を持ち上げてみなかったことを後悔している。もしかしたらこれは革命的な何かかもしれない。

●ジャマイカでもタクシーが似たようなことをしているが、違う植物だな。

↑きっと大麻に違いない。

●地元はエアコンを切ると熱気がすごいので、これは効果はない。

↑北京では太陽はなく、スモッグだけだから。


空気がきれいになるかは不明ですが、精神衛生上の効果はありますね。

【欧米人「北京で車を借りたら…大気汚染対策にこれが置いてあった」】を全て見る