暑い夏が終わり、秋の気配を感じる季節になってきましたね。涼しくて過ごしやすくなってきたのに、肌の調子がイマイチなのはなぜ?秋になったら何故か急に肌がかゆかったり、赤くなってきたり……。

寒暖差からアレルギー性のくしゃみや鼻水が起こり、鼻の周りが真っ赤になってしまった……なんてことはありませんか?

それは、夏のダメージが蓄積しているから。
過酷な夏を過ごした秋の肌は、水分・油分のバランスが乱れ、バリア機能が低下しやすい状態です。さらに秋はブタクサ等による花粉や、生え変わりの時期を迎えるペットの毛など、外からの刺激も受けやすくなっています。そんな今の時期の適切なお手入れ方法と、困ったときのお助けコスメランキングを伝授します!

きちんと保湿しているはずなのに、肌がむず痒いのはなぜ? 

夏のダメージが蓄積して、秋の肌はバリア機能が低下。そこに、ちり、ほこり、花粉等が肌に付着すると、むずむず痒くなる可能性が……。普段の保湿ケアだけでなく、日中は肌を外的刺激から守るケアも大切です。

肌が敏感な時は、たくさんのアイテムを使用するよりも、肌に合った少ないアイテムでのケアがオススメ。

最近では、花粉・ちり・ほこりなど気になる微粒子から肌を守ってくれる化粧下地やBBクリームがあるので、ベースメイクを1つのアイテムで済ますのも◎

また、外出時は、マスクなどで花粉やほこりなどから肌を守りましょう。

肌がごわついて化粧のりが悪い時のお手入れは?

肌がごわつき、ファンデーションののりが悪い?肌がごわつくからと言って、スクラブやマッサージで即効ケアをするよりもやさしい洗顔と、コツコツと入念な保湿が解決への近道です。

洗顔は肌を強くこすらずに、泡でやさしく洗うことを心がけましょう。
ポイントとしては、普段の洗顔料より少ない量をとって、しっかり泡だてましょう。手の指をフォークのように隙間を空けた形で空気を入れるようにして行うと、少ない洗浄料の優しい泡が沢山できます。

洗顔は泡でやさしく。

スキンケアも乾燥しているからと言って、次々とアイテムをつけるのはNG!使い慣れたスキンケアシリーズで化粧水を省いて乳液を普段の倍の量、最初につけましょう。目元、口元はクリームをプラスするのがおすすめです。



■賢人のまとめ
季節の変わり目の肌は敏感になりがちです。夏のダメージを残さないためにも、肌にしっかりと向き合い、丁寧なケアを心がけましょう。

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/