順位変動で見るW杯南米予選「最終節のドラマ」 アルゼンチン歓喜、チリ悲劇の陰で悔やむのは…

写真拡大 (全3枚)

目まぐるしく“W杯出場権”が入れ替わった90分 崖っぷちから生還したアルゼンチン

 開始早々に絶望の淵に立たされたアルゼンチンがリオネル・メッシに救われ、最後に涙を呑んだのはチリのアレクシス・サンチェス――。

 最終節を前に首位のブラジルのみしかロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を獲得してなかった南米予選は、最終的にウルグアイ、アルゼンチン、コロンビアが出場権を獲得。5位ペルーがオセアニア地区を勝ち抜いたニュージーランドとの大陸間プレーオフに回った。得点が入るごとに順位が目まぐるしく変わった、激動の「最終節90分間」をまとめた。

 まず最終節の全対戦カードと、試合開始前のW杯出場権をかけた6カ国の順位表はこのようになっていた。

[最終節の対戦カード]
ウルグアイ vs ボリビア
エクアドル vs アルゼンチン
パラグアイ vs ベネズエラ
ブラジル vs チリ
ペルー vs コロンビア

[W杯出場権をかけた2〜7位の順位]
2位 ウルグアイ(28)
3位 チリ(26)
4位 コロンビア(26)※得点差
5位 ペルー(25)
6位 アルゼンチン(25)※得点差
7位 パラグアイ(24)

 同時刻キックオフでの一戦、最も早く試合が動いたのはエクアドル対アルゼンチンだった。アルゼンチンの最終ラインがロングボールの処理にもたつき、開始1分と経たずにいきなり失点。順位こそ変わらないものの、「このままいけば」の順位表で見た時、7位パラグアイと勝ち点で並ぶ大ピンチに陥った。

 しかし前半11分、18分と立て続けにメッシがゴールを挙げ、アルゼンチンが逆転に成功。そしてウルグアイ対ボリビアではウルグアイが先制を許したものの、前半終了間際にカバーニらのゴールによって2-1と逆転。前半終了時の順位表は以下の通りとなった。

2位 ウルグアイ(31)
3位 アルゼンチン(28)
4位 チリ(27)
5位 コロンビア(27)※得点差
6位 ペルー(26)
7位 パラグアイ(25)

 ウルグアイがほぼ“当確”となったわけだが、後半に入るとさらに順位が二転三転する。

ペルーの同点弾でチリが6位に再び転落

 まず動いたのはブラジル対チリだ。後半10分、パウリーニョのゴールでブラジルが先制。立て続けにFWガブリエル・ジェズスがゴールを奪い、チリとしては痛恨の0-2となった。この時点での順位はこうなった。

2位 ウルグアイ(31)
3位 アルゼンチン(28)
4位 コロンビア(27)
5位 ペルー(26)
6位 チリ(26)※得失点差
7位 パラグアイ(25)

 しかしほぼ同時のタイミングで、ペルー対コロンビアが後半11分に動く。MFハメス・ロドリゲスの先制ゴールでコロンビアが先手を取ったのだ。

2位 ウルグアイ(31)
3位 コロンビア(29)
4位 アルゼンチン(28)
5位 チリ(26)
6位 ペルー(25)
7位 パラグアイ(25)※得失点差

 アルゼンチンはメッシがハットトリックを達成して3-1とし、勝利をほぼ手中に。一方チリにとっての悲報は、ペルー対コロンビアの後半29分に訪れた。ペルーのMFゲレーロが鮮やかな直接FKを叩き込み1-1の同点に。この時点で順位は再びこうなった。

2位 ウルグアイ(31)
3位 アルゼンチン(28)
4位 コロンビア(27)
5位 ペルー(26)
6位 チリ(26)※得失点差
7位 パラグアイ(25)

“漁夫の利”を得られたパラグアイだったが…

 さて、ここまで名前の出てこなかった7位パラグアイだが、実は勝利すれば一気にペルーとチリをかわせるチャンスだった。しかし後半39分、ホームですでに予選敗退が決まっている最下位ベネズエラにまさかの先制点を許して万事休した。

 出場権を争った6カ国の最終順位は以下の通り。

2位 ウルグアイ(31)
3位 アルゼンチン(28)
4位 コロンビア(27)
5位 ペルー(26)
6位 チリ(26)※得失点差
7位 パラグアイ(24)

 最終的に最もジャンプアップしたのはアルゼンチンで、天国と地獄を分けたのはペルーとチリで、現南米王者が悲劇を味わった。そして“漁夫の利”を狙えたはずのパラグアイにとっては、なんとも悔やまれる結果となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images