『マツコの知らない世界』おすすめスイーツバイキングまとめ!マニア流元の取り方も

写真拡大

マツコ・デラックスに、その道のスペシャリストがさまざまな世界をプレゼンする『マツコの知らない世界』(TBS系列、毎週火曜21:00〜)。10月10日の2時間スペシャルでは、スイーツバイキングが紹介された。

案内人は、“孤独のスイーツファイター”の異名を持つ桜井正人さん。兵庫県出身の33歳で、早稲田大学卒業後に金融会社へ就職。ヘッドハンティングされて年収1,000万円を稼ぐまでに出世するも、仕事のストレスで精神はボロボロに……。そんな中、たまたま訪れたスイーツバイキングで転機を迎える。桜井さんは「仕事で疲れていたものが、ケーキバイキングに行った瞬間“今までの思いはなんだったんだろう”っていうくらいになった」と、その衝撃について熱弁。スイーツバイキングが平日に開催されることが多いため、仕事を辞めてニートになったという強者だ。

■スイーツバイキング界の現状

桜井さん曰く、スイーツバイキングは主に3つのタイプに分けられるそう。主な型と店舗は以下のとおり。

【店売り型】
「不二家」(※一部店舗では未実施)
60分制/大人2,030円 約25種類が食べ放題

「アントステラ」(※一部店舗では未実施)
60分/制880円 約15種類が食べ放題

「千疋屋」(京橋千疋屋 京橋本店)
120分制/5,940円 旬のフルーツが食べ放題

「千疋屋」に「高そう」というマツコに対し、「お店で売っているフルーツがそのまま出てきます」と桜井さん。すぐに元が取れることがわかったマツコは「ちょっと行きたいわ」と興味津々。

【意外性型】
「とんかつ濱かつ」(※一部店舗では未実施)
2時間制/食事に+626円 約15種類の自家製デザートが食べ放題

【ホテル型】
「ホテルニューオータニ」SATSUKIスイーツコレクション(新春とゴールデンウィークに開催)
90分制/5,000円 高級ケーキが食べ放題

「“SATSUKI”のショートケーキが美味い。アレをホール喰いするのが夢だわ」と絶賛するマツコに「新春とゴールデンウィークは食べ放題です」と桜井さん。他に、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ、ザ・リッツ・カールトンが紹介された。

■桜井さん流元の取り方

桜井さんが普段どのようにスイーツバイキングを楽しんでいるのか、またどのようにして元を取っているのか「ホテルニューオータニ幕張」で開催されているスイーツバイキングに参加した桜井さんに密着。

《密着で使用した店》
「ホテルニューオータニ幕張 スイーツバイキング」(千葉市美浜区ひび野2-120-3)
3時間制(土日祝は90分)/平日3,600円 20種類以上のスイーツが食べ放題

【値段が高そうなケーキを山盛りにのせる】
マツコは「グチャグチャになっているじゃない」と怪訝そうな表情を見せたが、桜井さんは「いちいち往復していたら時間がもったいない。一気にガンガン入れちゃって食べましょう」と持論を展開。

【マスカットは2個ずつ食べる】
時間短縮のため。桜井さんは1房をわずか3分で完食。ケーキ20個は13分で完食。

【ドリンクは飲まない】
「飲み物の変わりでゼリーを食べます。飲み物をとっちゃうと、胃がドンドン膨れちゃうので」と、ドリンクよりも原価の高いゼリーで水分補給をするとのこと。

【とにかく高いスイーツを狙う】
2周目に突入しても高額なスイーツを持ってくる桜井さん。美味しさを味わうのは二の次なのである。また、途中で大体の原価を計算し、自分が何円分食べたのかを加味しながら食事。元が取れることが分かると、そこから“ボーナスステージ”だそうで「食べれば食べるだけ得をする」と時間制限ギリギリ、お腹もパンパンになるまで食べていた。結果、マスカット3房、ケーキ58個、プリン7個、ゼリー6個(予想合計額12,130円)を完食。食べる前よりもウエスト11センチ増加。体重は約5キロも増加していた。