槙野がチームメイトの思いも汲みつつ、指揮官の意思を察した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム
 
 ハイチ戦のスタメンはこれまでとは異なり、多くの選手にチャンスが与えられた試合だった。それはCBで昌子源とともに先発した槙野智章も同様で、ニュージーランド戦から続いて2試合連続でフル出場している。
 
「FIFAランキングがウチとそんなに変わらない。ただ、公式戦から遠ざかっているのは聞いている。やってみての感想だが、自分たちがボールを保持する時間帯もそうだし、攻撃の時間帯はかなり長かった。カウンターと選手の質はニュージーランドより上だった。だから、攻めるところでゴールを決めるとか、潰せるところで潰し切らないと、相手のカウンターは脅威。選手個々の質も高かった。試合のなかで緩い時間は正直なかったが、結果的に3失点している。最後、香川(真司)が決めたけど、負けに等しい引き分けだった」
 
 槙野がこう試合を振り返るように、日本は2点を先行しながら、格下と目されていた相手に3失点。後半アディショナルタイムに香川のゴールでなんとかドローに追いついたが、不甲斐ない印象が残るゲームだった。
 
 もちろん、慣れないメンバー編成だったというエクスキューズもあるだろう。しかし、自らも含めた“テスト組”について、背番号20はこう述べた。
 
「僕もそうだが、普段出ていない選手が今日は出ていた。そういう選手たちと話をしても、試合に対する思いはモチベーションを強く持ってやっていた。ただ、監督が見たかったのは個人がどうこうじゃなくて、チームのなかで個人がどう光るかだったと思う。チームがどう戦えるか見たかったと思う」
 
 チームメイトの思いを汲みつつ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督について「表情から見ても、納得していないのは見て分かる」と、槙野は指揮官の気持ちも察した。
 
 それでも、「良いプレーも悪いプレーもいろんな見方がある。個人としてよりもチームとして上手くいった部分と、そうでない部分がある。捉え方によるが、ワールドカップに向けていろんなモノが見えた試合だった」と、この試合を糧にする意欲も示した。

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤