オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 オーストラリア代表の指揮官を務めるアンジェ・ポステコグルー監督が退任の意向を示しているようだ。オーストラリア紙『ヘラルド・サン』が伝えた。

 同紙によると、もし代表が今後北中米カリブ海地区予選の4位のチームとの大陸間プレーオフに勝ちW杯への出場権を獲得しようとも、その後ポステコグルー監督は代表監督を退任する可能性があると伝えられている。その理由としては、自身の志向する攻撃的なスタイルがなかなか機能しなく批判が相次いでいることが挙げられている。

 オーストラリアは10日、シリアとのアジア予選プレーオフを合計スコア3-2で制し、見事大陸間プレーオフへの挑戦権を得ていた。しかし、アジア最終予選を通して見られたように、新たに採用したボールを保持して攻撃するスタイルはあまり結果を出すという面においては効果的ではなく、それが現在オーストラリアが苦しんでいる一因でもあると考えられている。

 一方同紙は、ポステコグルー監督自身が公の場で退任の意向を示したことは未だないとも伝えている。

text by 編集部