ロッベン代表引退に惜しむ声続々 「なんてキャリアだ!」「オランダの伝説が終わった」

写真拡大

W杯出場の夢が断たれて決断 「多くの素敵な瞬間があった」

 オランダの夢が途絶え、伝説も終わりを告げた。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選の最終戦で“オレンジ軍団”はスウェーデンに2-0で勝利したが、勝ち抜けのために必要な7点差勝利の条件は満たせずにA組3位で予選敗退となった。この試合で2ゴールを挙げたFWアリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)は、試合後に代表引退を発表した。

 英紙「ミラー」は、ロッベンのコメントを報じている。ラストゲームとなったスウェーデン戦でキャプテンマークを巻いたレフティーは、「(代表引退は)長い間考えていたものだった。6度のトーナメント(W杯3回、欧州選手権3回)を経験できたことは誇らしく、光栄だった。最も美しい瞬間は2010年と2014年のW杯。とても親密なチーム、親密なグループだった。でももっと多くの素敵な瞬間があった。14年間は本当に長い時間だった」と、これまでの代表活動を振り返った。

 ロッベンはW杯、欧州選手権ともに3回ずつ出場。10年の南アフリカW杯では日本とも対戦し、最終的には準優勝を果たした。14年ブラジル大会でも3位入賞と躍進。主力選手としてチームを牽引した。

代表通算37得点29アシストを讃える声も

 稀代の名ウインガーの代表引退については、SNS上でも大きな反響を呼んでいる。FIFAのワールドカップ予選専用ツイッターアカウントは、「オランダのレジェンドが身を引いた。コングラッチュレーション、傑出した代表でのキャリアだ」とつぶやき、ロッベンの輝かしい経歴を祝福した。

 米スポーツ情報サイト「ブリーチャー・リポート」のサッカー専門アカウントは、代表通算96試合で37得点29アシストという圧倒的な数字を紹介し、「なんてキャリアだ!」と絶賛。37得点は元アーセナルのFWデニス・ベルカンプ氏に並ぶ歴代4位タイの記録となった。さらに引退については「オランダの伝説が終わった」と、その偉大さを称えていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images