試合後の記者会見で激しく憤りながら謝罪を繰り返したヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

憤りながら謝罪する監督。日本対策は決まったようなものに/h2>

 10月10日、キリンチャレンジカップ2017で日本代表はハイチ代表と3-3で引き分けた。早い段階で2ゴールを奪ったものの、相手に対応され始めると試合は互角の展開に。無残な3失点もさることながら、相手に守備ブロックを作られると崩せる気配もなく、ニュージーランド戦も含めW杯本大会に向けた強化プランにおいて大きな誤算といえる2試合になってしまった。(取材・文:西部謙司)

----------

【日本3-3ハイチ】

 試合後の記者会見、ハリルホジッチ監督の頭から煙が出そうだった。激しく憤ると同時に謝罪を繰り返した。要約すると、

<監督人生で最悪の試合だった。サポーターの皆さんには本当に申し訳ない。謝罪したい。今は説明がつかない。悪いプレーをした選手を選んだ自分が悪い! ヴァイッドを批判せよ!>

 怒りながら謝罪するという珍しい会見だったわけだが、監督の率直な人柄が表れていて少し微笑ましい気さえした。ただ、試合内容は微笑ましいなどとは言っていられないものだった。

 ハリルホジッチ監督が言うほど最低だったかはともかく、収穫はほぼゼロといっていい。ニュージーランド戦に続いて、ボールを支配できる試合で何ができるかが試されていたのだが、3点奪ったとはいえハイチに引かれたときの攻め手のなさはホームで引き分けたシンガポール戦を思い起こさせた。

 仮にワールドカップで対戦するチームの監督がこの試合の映像を見たとしたら、日本対策は決まったようなものだ。

 日本にボールを持たせてしまえばいい。日本は守備ブロックの前で必ず渋滞を引き起こす、サイドをえぐる攻撃は警戒すべきだが中央突破はほぼない、FKを狙えるキッカーもいないのでファウルもさほど気にしなくていい、空中戦の脅威もない。そして、ボールを奪えばカウンターが効く。日本は簡単にバイタルを空け、DFの押し上げも緩慢である。安易に中盤でスライディングもしてくれるし、1対1も強くない……。

立ち上がりこそ楽々ゴールを奪ったが…その後無残な3失点

 立ち上がりは、この相手にいったい何を試せるのかと思うほどハイチの出来が悪かった。日本は楽々と2点を奪っている。しかし、そこからハイチは徐々に立ち直り、やがて試合は互角に近い展開になっていった。

 最初の失点は中盤で遠藤がスライディングタックルしてかわされ、一気に持ち込まれてから誰がケアするかはっきりしないスペースをつかれたもの。遠藤があの場所でスライディングする必要はなかった。

 2失点目はFKのリスタート時に集中を欠いていた。その直前、ファウルをとられたときに小林が戻り遅れている。さらに前のプレーでどこか痛めていたので走れなかったのだろう。小林の様子に誰も気づかなかったのか、小林自身も声をかけなかったのか。いずれにしてもこの段階から集中が切れていたのかもしれない。

 3失点目、MFとDFの間が空きすぎている。広大なスペースに遠藤しかおらず、縦パス1本で香川と井手口は置き去りになっていた。ハイチが縦パスを収めて左へ展開したときもスペースは空いたまま。ナゾンのシュートが見事だったのは確かだが、バイタルエリアが広すぎた。

攻撃オプションは見つからないまま

 逆転された日本は原口が果敢なプレーで攻撃に喝を入れる。ようやく目が覚めたように攻め込み、最後に車屋のクロスを酒井高徳がシュート、ゴール前に倒れていた香川がコースを変えて何とか3-3に追いついた。

 3点とれたとはいえ、最初の2点は相手が寝ているうちに決めたもの。むしろ攻撃すれば守備に穴が空く始末で、戦い方が堅守速攻しかないことがはっきりしただけだった。このままでは相手に先行されれば相当苦しい展開になる。作戦として引かれてボールを持たされることも十分考えられる。

 11月のブラジル、ベルギーとの試合は今回とは狙いが異なる。この2チームはグループに最低1つは入ってくるいわゆるシード国だ。ボールを支配するのは相手になるので、堅守速攻の戦い方になる。その後の東アジア選手権は海外組の招集に強制力がないので、国内組中心になるだろう。

 となると、当分は攻撃オプションを探るテストはできない。今回の2試合で収穫がほとんどなかったのは強化プランにおいて大きな誤算といえる。ただ、乾、小林、倉田はある程度持ち味は出せていた。芽はあるのでテストが全く無駄だったわけではないと思う。

(取材・文:西部謙司)

text by 西部謙司