オーストラリア代表のティム・ケーヒル【写真:Getty Images】

写真拡大

W杯アジア予選プレーオフ、ケイヒルが決勝弾を決めてシリアを撃破

 サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)アジア予選プレーオフ第2戦が10日に行われ、オーストラリア代表が延長戦の末にシリア代表を2-1で下して大陸間プレーオフへの切符を手にした。決勝弾を含む全ゴールを挙げたエースFWティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)には、ファンから「男の中の男」「泣きそうになった」「伝説は生き続ける」と称賛の嵐となっている。

 これぞまさに「生きる伝説」の働きだった。

 オーストラリアは前半6分に先制を許す苦しい展開となったが、大一番でスタメン起用された37歳のケイヒルが奮起。同13分にMFマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)のクロスを豪快なヘディングシュートでゴールにねじ込むと、1-1のまま突入した延長戦の後半4分にはFWロビー・クルーズ(ボーフム)からのボールに再び頭で合わせ、決勝点を挙げた。

 第1戦を1-1で引き分けていたオーストラリアは、2戦合計スコア3-2でシリアを撃破し、北中米カリブ海4位のチームと対戦する大陸間プレーオフに駒を進めた。同国の英雄であるケイヒルには日本代表も幾度となく苦しめられてきたが、代表通算得点を同国最多「50」の大台に乗せるとともに、4大会連続5回目のW杯出場へ望みをつなぐ活躍を各国メディアも大きく取り扱っている。

各国メディアも称賛「豪州を救った」「得点嗅覚と勝負強さは依然としてベスト」

 英紙「デイリー・ミラー」が「ティム・ケイヒルが代表50ゴール目でシリアのワールドカップの夢を終わらせる」と伝えれば、英紙「ザ・ガーディアン」は「ケイヒルが2得点でオーストラリアを救った」と記し、スペイン紙「マルカ」も「ケイヒルがシリアの息の根を止め、大陸間プレーオフの資格をもたらす」と報じた。

 衛星放送「FOXスポーツ」オーストラリア版は、「ティム・ケイヒル、オーストラリアを次のステージに導く。37歳は得点嗅覚と勝負強さが依然として国でベストであると証明した」とその働きを称えている。

 ケイヒル自身も試合後にツイッターを更新。「母国のためにプレーすることはいつでも喜びだ。チーム、スタッフ、ファンを誇りに思う」と、100点やハート、サッカーボール、 オーストラリア国旗の絵文字をつけて興奮気味に感謝の想いをつづった。すると、ファンからは「男の中の男!」「あなたはワールドカップのために生涯プレーし続けられると思う」「ティム、ありがとう!」「スーパースター」「伝説は生き続ける」「やった! 泣きそうになった」と熱いコメントが続々と寄せられている。

「この仲間とコーチのために最後まで走り抜けるつもりだ」

 そう誓った大ベテランは、11月に行われる大陸間プレーオフでも母国を救う活躍を見せられるだろうか。