メッシ圧巻ハットでアルゼンチンが崖っぷちから生還! 12大会連続17回目のW杯出場決定

写真拡大

敵地でエクアドルに3-1と快勝 予選敗退危機を乗り越えW杯自動出場権を獲得

 苦境のアルゼンチンをロシア・ワールドカップ(W杯)へと導いたのは、やはりリオネル・メッシだった。

 壮絶なデッドヒートとなったロシアW杯南米予選、最終節が現地時間10日に開催され、メッシ擁するアルゼンチンはキックオフ1分も経たずにエクアドルに先制を許し、いきなり崖っぷちに立たされたものの、メッシのハットトリックで3-1と勝利。なんとか12大会連続17回目の本大会出場権を獲得した。

 前節終了時点でW杯出場権獲得圏外の6位に沈んでいたアルゼンチンは、最終戦で勝利すればプレーオフ圏内の5位以内を確保できるものの、引き分けや敗戦では限りなく5位以内の可能性が薄れる状況だった。標高2850メートルという過酷な敵地キトに乗り込んだ一戦、ホルヘ・サンパオリ監督率いるアルゼンチンはメッシ、DFハビエル・マスチェラーノらをスタメンに送り出し、運命のキックオフを迎えた。

 しかし試合開始40秒足らずで、いきなり悪夢が待っていた。エクアドルのロングボールに3バックの対応が後手に回ると、FWオルドニェスの頭での落としからMFロマリオ・イバーラに抜け出される。GKセルヒオ・ロメロも飛び出したがセーブは間に合わず、いきなり先制点を許す展開となった。

 だが前半11分、メッシが輝く。ドリブル突破から左サイドを走ったMFアンヘル・ディ・マリアにパス。これをディ・マリアが折り返すとゴール前に走り込んだメッシが冷静にゴールに流し込み同点ゴールを流し込んだ。さらに同18分、ディ・マリアからのパスを一度失いかけたメッシだったが、鬼気迫る表情でボールを奪い返すとゴール前に侵入。W杯への思いを込めた強烈なシュートで2-1と逆転。このまま前半を折り返した。

W杯優勝2回の強豪、70年大会以来の危機回避

 後半に入るとホームで意地を見せたいエクアドルが、途中投入のMFエネル・バレンシアを中心に攻勢を仕掛けてくる。受けに回ったアルゼンチンは自陣にくぎ付けとなる時間帯が増え、耐えられるか否かの展開となった。

 この状況で三たびメッシが輝く。ペナルティーエリア前中央から必殺のドリブルを発動させ、3人のマーカーを引き連れながらも鮮やかなループシュート。これが柔らかくゴールネットに突き刺さり、試合を決定づける3点目を奪った。

 試合はこのままのスコアで終了。優勝2回を誇る強豪国は、1970年メキシコ大会以来となる予選敗退の危機をメッシの獅子奮迅の活躍で乗り越えた。

【動画】アルゼンチンを窮地から救ったメッシ、W杯予選最終節で衝撃ハットトリック! エクアドル戦逆転勝利のハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=tIceemUmjBM

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images