2018年サッカーW杯ロシア大会欧州予選グループH、ギリシャ対ジブラルタル。コスタス・ミロトグルー(右手前)が決めた得点に歓喜するギリシャの選手(2017年10月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】2018年サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)欧州予選は10日、各地で行われ、W杯優勝4回のイタリア、今予選で10戦9勝の成績を残したスイスなどが11月のプレーオフに進むことになった。

 そのほかにはクロアチア、デンマーク、北アイルランド、アイルランド、スウェーデン、そしてジブラルタルに4-0で勝利したギリシャもプレーオフ進出を決めている。

 一方で、グループFでイングランドに次ぐ2位に入ったスロバキアは、グループ最下位のチームとの勝ち点を引いた順位で各組2位の9チーム中最下位となり、予選敗退が決まった。

 プレーオフの組み合わせ抽選は、最新のFIFAランキングが発表された翌日の17日に行われる。
【翻訳編集】AFPBB News