メッシがハットトリックで勝利を導く

写真拡大

メッシがW杯に出場することが出来るのか、出来ないのか。
運命を左右するエクアドル代表との一戦が10日18:30(日本時間11日8:30)に標高2,850メートルの高さという厳しい環境の中でキックオフを迎えた。

アルゼンチン代表は開始1分に隙を突かれ、まさかの失点をしてしまう。 しかし、そこからメッシが目を覚まし20分で2得点を奪い逆転を決め前半を折り返す。
後半もメッシが輝きを見せ追加点を決め、この一戦でハットトリックを決め勝利を収めた。 同時刻に行われたブラジル対チリの一戦でブラジル代表が3-0で勝利を収め、アルゼンチン代表は本戦出場の切符を手にした。

【エクアドル代表 vs アルゼンチン代表】
前半 1-2
エクアドル代表:イバーラ(前半1分) アルゼンチン代表:メッシ(前半11分、20分)
後半 1-3
アルゼンチン代表:メッシ(後半17分)

試合開始1分で、試合が動く。最初に先制したのはエクアドル代表。ゴール前でワンツーで抜け出したエクアドル代表イバーラがゴール右に流し込みアルゼンチン代表には重くのしかかる失点となった。(1-0)

前半11分、アルゼンチン代表が追いつく。バイタルエリアでボールを受けたメッシが前を向いて仕掛ける。PA内でディ・マリアとのワンツーで抜け出し、最後はキーパーの股を抜く技ありシュートでゴールネットを揺らした。(1-1)

メッシの躍動は続く。前半20分ディ・マリアのパスミスを高い位置で奪ったメッシがPA内へ進入。ゴールのニアハイに強烈なシュートを突き刺した。(1-2)

前半開始1分で失点でしたアルゼンチン代表だったが、メッシの2得点で試合を引っくり返した。
後半はお互いチャンスを作れない時間が続いたが、試合を動かしたのはまたもメッシ。後半17分、相手陣地中央でボールを受けたメッシは前を向いてそのままドリブルを開始し、相手3人を引き寄せ体を当てられながらもゴール左へ決めた。この得点でメッシはハットトリックとなった(1-3)

【アルゼンチン代表】
■GK
ロメロ

■DF
メルカド
オタメンディ
マスチェラーノ
アクーニャ

■MF
ビリア
エンソ・ペレス
サルビオ

■FW
メッシ
ディ・マリア
ベネデット